平城宮跡歴史公園 いざない館 橋本 征一 「癒やしの世界」

近鉄西大寺駅からタクシーで平城旧跡歴史公園へ 朱雀門広場下車 朱雀門平城宮跡の南方に位置する「朱雀門」。 朱雀門前の広場は、奈良時代の人々にとってかけがえのない祝祭の場でした。外国使節の送迎や、大勢の人たちが集う歌垣などが行われ、新年には天皇が門まで出向き、新年を祝うこともありました。「朱雀大路」と「二条大路」の復原整備により、往時の景観を彷彿させるひろば空間が復活して…

続きを読む

曹洞宗悟真寺枝垂れ桜 * 倉橋ため池ふれあい公園

内牧区民の森のソメイヨシノを後に・・・国道369号を東方向へ。 川を渡り、そのまま車一台が通れるほどの細い道を登って悟真寺に。 この道路が伊勢本海道と案内を聞いて少し驚きました。 曹洞宗 悟真寺へ    悟真寺は永享8年(1436一説には1451年)の開山と伝わる曹洞宗の寺院。 ご本尊は聖観音菩薩 7世紀の造像といわれる銅造誕生釈迦仏立像は国の重要文化財に…

続きを読む

穴場の桜 宇陀内牧区民の森 * 花まつり

法友のお誘いを受け御花見に。 宇陀方面のみ知らされていたので・・・何処だろ・・・。 全く聞いたことも無かった思いもよらない穴場への桜。 駐車スペースも少なく・・・本当に穴場なんだと・・・  内牧区民の森は、嶽神社周辺にもともと植えられていた杉や檜の大木が 台風で壊滅的な被害を受けた後、地元の人々の活動と寄付により ソメイヨシノ約500本の苗木を植栽して今の姿になった。…

続きを読む

名古屋城本丸御殿

本丸御殿は、尾張藩主の住居、藩の政庁として1615年(慶長20)に完成。1930年(昭和5)、天守閣と国宝第一号に指定、1945年、空襲焼失しました。その後、2009年(平成21)に工事に着手し第一級の史料をもとに復元工事を開始。2018年(平成30)、往時の姿を忠実に復元した優美な空間が完成しました。 復元された名古屋城本丸御殿は、千年先へ、語り継ぐために・・・ものづくりの技と知恵を…

続きを読む

名古屋城桜 二の丸庭園

4月2日(火) 連れ合い今年初めてのショートステイの日。 お迎えの方にお願いしてお出かけ。 八木9:29火の鳥で名古屋へ。 途中停車は「津」のみ 名古屋着  11:06 地下鉄を乗り継ぎ・・名古屋城へ。 二度と地下鉄へ乗る機会がないであろうと・・・友。 金シャチ横丁 ・・・春のお城まつりで賑わっいます。 東門への通路 …

続きを読む

タンチョウソウ( 丹頂草)*ノリコボシのツバキ(糊零椿)*春季永代経 若院得度式報告法要

庭に残したタンチョウソウ(丹頂草)が咲き始めました。 随分前に山野草マニアの友からいただいたもの。 タンチョウソウ(丹頂草)イワヤツデ(岩八手) ユキノシタ科  タンチョウソウ属(ムクデニア属) 花茎10cm~30cm、高さ50~70cmの多年草。 ヤツデに似た掌状の葉の山草で、根茎から葉と花茎を出します。 切れ込みのある葉をひろげ、15~…

続きを読む

河津桜 * 奈良県立美術館 不染鉄 特別展  * 土筆 * 

福栄寺住職さまから送付いただいた明日香村の河津桜 近くで一番早い桜花見をしてきました。明日香村立部 の一角です。少し高台に綺麗に咲いていました。満開過ぎたかな? 特有のピンマガ少ししらけてきていました。でもまだ散らついてはいませんでしたから、ちょっと遅かったかな?の感はありましたが。3月3日は晴れて言い青空の中に畝傍山・貝吹山や金剛葛城連山をバックに良い景色でした。一部ですがご笑覧下さい…

続きを読む

群落地のバイカオウレンの花 * 庭のクリスマスローズ * ヒメリュウキンカ(姫立金花)* 蕗の薹味噌作り

福栄寺住職様より送付くだった群落地のバイカオウレンの花 初めて見ました!! 可愛い花です。もう一度行きたくなりました。 無事到着するか自信無いですが、道がややこしい。もう忘れそう。 バイカオウレン(梅花黄蓮 ) キンポウゲ科 オウレン属  別名:ゴカヨウオウレン 山林、雑木林に自生。 明るい半日陰と豊潤な湿地を好む植物。 木漏れ日が入る山野のなかで群生す…

続きを読む

旧春日大社板倉(丸窓)重要文化財見学会

3年前までは奈良公園の片岡梅林の風景に溶け込んだ建物でした。 梅の見頃には何度も訪ねたことがあります。 防犯や保存活用の充実のため元の所在地に近い春日大社 万葉植物園に移築されました。 文化財保存課 建造物係の担当者の案内で春日大社 神苑 万葉植物園へ 特別に造られた入り口は(撮影禁止)上り廊下を伝って丸窓内部へ。 内部撮影は可・・・公開は禁止されてい…

続きを読む

旧春日大社板倉(丸窓)見学会 春日大社から万葉植物園

2月17日(土)☁ 年が明けて直ぐ、2月17日に旧春日大社板倉(丸窓)見学会募集に目がとまり、 webより希望時間指定第1から第3までを記入して申し込みました。 発表は2月初旬と記されていたのですが、 10日過ぎても来ないので諦めていたところに・・ 第1希望の10:45からの時間帯で見学案内がありました。 春日大社神苑駐車場までタクシーで・・・やはり人が多いです。 …

続きを読む

干し大根 ・湯がき大根 ・ 千切り大根

連れ合いの風邪が長引き、通所リハビリをお休みさせていただいています。 時だけが容赦なく経過して何時の間にか2月も中半、自身で驚いています。 友からいただいたどでかい大根…さて!! まずは湯がき大根干しに。 どでかい大根を繊維に沿って大ぶりの短冊切り。 大鍋でさっとゆで零しました。 笊にあげて水気を切ります。 ベランダの日陰で干しま…

続きを読む

お鏡開き * 踊り葉牡丹 

謹んで能登半島地震災害のお見舞いを申し上げます。      今年も宇陀のお寺の坊守さまよりお供えのお鏡開きを送付くださいました。 お鏡開きをいただくようになり10年以上にもなります。 毎年1月5日には5Kものお餅の宅配便が届きます。 お餅は連れ合いの朝食に欠かせないので有難くいただいています。     細やかなお正月模様に・・・ …

続きを読む

西本願時 お煤払い

12月19日・20日 連れ合いが、快く一泊2日のショートステイにお世話になると 言ってくれたおかげで、奈良教区門徒推進員連絡協議会 念佛奉仕団に 参加させていただくご縁に恵まれました。 午後の集合なので、10時過ぎの電車で京都へ。    樹齢約400年天然記念物の逆さ銀杏すっかり葉を落としています。 今回の参加者は全国から176人 安穏殿集合・・・…

続きを読む

長谷寺本坊ショウジョウノムラ(猩々野村)床紅葉 * 十月桜

嵐の坂菊回廊から開山堂を経て本堂へ 国宝 長谷寺本堂 686年創建の真言宗豊山派の総本山。 古くから観音信仰の聖地であり、日本最大の観音像がご本尊です。 境内では四季を通じて美しい花々と出会えるので「花の御寺」としても。 国宝。本尊を安置する正堂、相の間、礼堂から成る巨大な建築で、 前面は京都の清水寺本堂と同じく懸造(舞台)造りになっている。 …

続きを読む

長谷寺紅葉 「菊回廊」

11月30日(木) 初夏、長谷寺の「嵐の坂」に紫陽花が並べられ「紫陽花回廊」の 美しい映像を何度かテレビを通じて知りました。 ご縁が無く残念に思っていたのですが、 10月の初旬菊の花で埋め尽くす「菊回廊」 ニュースで知り、紅葉の頃に縁があれば是非に・・・と。 紅葉最高の見頃に友とご縁に恵まれました。 長谷寺手水舎 変わりやすい空模様の中、入山時のラビズラズリ色…

続きを読む

紅葉真っただ中、酬恩庵 一休寺散策

前回訪ねて10年位は経過しているでしょうね。 紅葉の季節になると何度も訪ねたくなる酬恩庵(一休寺)。 友がお付き合いくださって・・・紅葉を堪能させていただけいました。 近鉄新田辺駅からタクシーで5分ほど。 開山一休禅師  酬恩庵 (一休寺) 総門前 参門前、能楽発祥の碑・・・薪神社への参道 参門からなだらかな参道・・・左手、手水舎 …

続きを読む

突如として雹 * フユザクラ(冬桜)

11月18日(金) 13:18 一天俄に掻き曇り・・・こんな表現がぴったいでした。 瞬く間に一面雹・・・大きな音とともに・・・ 玄関スロープが一瞬して雹・・・雹・・・ けたたましい音でびっくり リビングのサッシの溝を埋め尽くしました。 大中小・・・氷のかけら 庭の踏み石にも・・・ 中庭は瞬…

続きを読む

やなせななさん 歌とお話 仏婦70周年記念行事  門信徒の集い

11月12日(日) お天気に恵まれて浄照寺仏教婦人会70周年記念 門信徒の集い当日。 境内の樹齢350年の銀杏・・・落葉もピーク 案内は浄照寺HPより 前日の11月11日(土)  19:00  庫裏キッチンにお当番集合 お斎の準備 今回のメニューはちらし寿司と豆腐の味噌汁 100人分 2釜に分けて準備。 人参・椎茸・高野豆腐を粗みじん切り、長年受け継…

続きを読む

夕刻藤原京跡コスモス風景 *干柿仕上がり*栗おこわ*ササゲのおこわ

   福栄寺住職さまから有縁の皆様に送付いただいた「夕刻藤原京跡コスモス風景」 2023/10/28 土曜日 19:23今日は夕方少し時間が空いたのでコスモス散策に行ってきました。夕焼けは期待外れほとんどしなかったし、日の入りも、もう一つ綺麗にならなかった。日も落ち薄暗くなってきたので帰り支度をしていて、ひょっと東を見ればまん丸いお月さんが綺麗に出てきていた。これはっと三脚を戻し東向けにコ…

続きを読む

*ホトトギス(杜鵑)*マユハケオモト(眉刷毛万年青)* タイワンホトトギス(台湾杜鵑)* 江戸柿干柿に

山野草愛好家の友が見ごろになったホトトギスの鉢を持参くださった。 見頃過ぎまでお借りして楽しませていただくことに。 庭のホトトギスも咲き始めたのですが・・・・ 葉っぱがすっかり虫に食べられて・・・ さみしく花のみが咲いてくれました。 虫を退治と…昼間目を凝らして見ても見つからず・・・ 朝にはすっかり葉が食べられてしまっています。 どうやらヨトウム…

続きを読む

奈良カエデの郷ひらら * 国宝 宇太水分神社

10月19日(木) 友の車に便乗させていただいて4名で宇陀の郷へ。 旧宇太小学校跡地 [カエデの郷ひらら] 校舎はそのまんま・・・懐かしい風景。 カエデの保存協力金を入れて園内へ。 ここは、旧宇太小学校です。 2005年、料理写真家の矢野正善さんが収集してこられた約1200種、3000本の 世界のカエデを旧菟田野町に寄贈されました。 …

続きを読む

夕やけ落日の藤原京秋桜

福栄寺住職さまから送付いただいた落日と秋桜 秋本番始まり・・・。橿原市内藤原京跡コスモスが盛んになってきました。昨日・今日夕焼け・落日を狙ったがなかなか思うように撮れませんが、今の私ではまぁこんな物ですかね。 一枚珍しい雲の虹が写っていました。ハロkの一部分かな?ビックリです!!! ご笑笑覧下さい。コスモスはまだまだ次々と咲いてくれそうで楽しめます。時期をずらして植えているようです…

続きを読む

笠の蕎麦花 三谷の紅い蕎麦の花 ・眉刷毛万年青の蕾

福栄寺住職さまから送信くださった笠のそば畑の花           10月4日蕎麦の花を見に行ってきました。                       赤い花は奈良県桜井市笠地区三谷、白は桜井市池之内笠の白はすでに終わっていて実がなっていました。 ご笑覧ください。福栄寺  笠地区三谷の紅い蕎麦の花 モンシロチョウのようです…

続きを読む

秋の明日香路・稲渕棚田・栢森・入谷

友の車に便乗させていただいて、秋の明日香路へ 黄金色に実る稲渕棚田の稲穂 黒米の稲穂が黄金色の田んぼに縞模様を作っています。 稲渕段々畑の稲穂 刈り取り間近、重たそうに垂れる稲穂 稲渕からさらに奥へ・・・ 関西大学飛鳥文化研究所 木造瓦葺2階建 ・・・ 明日香の地に溶け込んでいます。 …

続きを読む

中秋の名月 * 自宅前疎水の彼岸花

福栄寺住職様から送付いただいた中秋の名月の写真 今年は中秋の名月と満月が同じ日になったそうだ! どんな計算をするのかよくわからないが普通はづれがある物のようです。中秋とは旧暦8月15日言でいわば秋の真ん中かな? 満月は15夜で月齢、判るようで判らん???  今年は月齢15夜満月で旧暦中秋の日に当たっていると言うことかな。TVでやかましく言っているのでとりあえず…

続きを読む

笠山荒神社 蕎麦畑の花

9月22日(木) 雨粒が落ちそうな空模様・・・ もう一度見たかった笠山荒神のそば畑へ、友の車に便乗させていただけました。 桜井・笠荒神の里で、地元女性たちが結実した名物蕎麦。 栽培・収穫、石臼で挽き、打ちたてを提供さされています。 今回はパス・・・連れ合いと何度か訪ねています。 以前は小さなお店でしたが・・・ 随分賑わっていました。 笠山荒神は、かまど…

続きを読む

朝夕秋の気配 秋季永代経お斎 山菜おこわ

9月10日(日)11日(月) 浄照寺秋季永代経法要 若坊守得度報告法要 9月10日(日)14:00 不安定な空模様。 秋季永代経 お勤め  佛説阿弥陀経 ご法話 信行寺 貴島 真行師 ご讃題  前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪え、 連続無窮にして、願はくは休止せざらしめんと欲す。 無辺の生死海を尽さんがためのゆゑなり。     19:0…

続きを読む

うちのの館

以前から約束をしていた4婆でランチと散策。 今回は御所のうなぎ「千里」で早めのお昼をいただきました。 御馳走を頂いてから写真を撮るのを忘れたことに気づきます。 最近特に??・・・どうしてなんだろう・・・と不思議! 食いしん坊?・・・・少々‥探し物の時間がおおくなりました。 もしかしたら始まったのかも・・・    御所から五條市「うちのの館」 登録有形文化財「藤岡家住宅」へ …

続きを読む

奈良県立美術館 富本憲吉展 * 庭の小さな秋

近畿を横断した台風7号後から随分日にちが経ってしまいました。 書きかけては他の事に追われ・・・ 覚え書きに残しておきます。 友と、奈良県立美術館 開館50周年記念展 企画展 富本憲吉展のこれまでとこれから・・・ 美術館前にマスコットが「せんとくん」がお出迎え 色絵金銀彩羊歯文八角飾箱》1959年、国立工芸館蔵、 案内板 …

続きを読む

馬見ひまわりウィークが終わった後で

早起きの午前5:00、ほんの少し乾いた空気を感じとりました。 連れ合いの通所リハビリお迎え時刻の早い日です。 思い付きで馬見丘陵公園のヒマワリを見に行くことに決めました。 つい先日まで馬見ひまわりウイークのイベントが開催されていました。 公園館近くの丘、 ホワイトナイトの品種がで見頃のようです。 名前のように白色に近い黄色・・・大輪のひまわり…

続きを読む

お房観音風鈴まつり・宇治金時されど宇治金時

本格的な暑さ到来 ・・・以前から友と約束していたおふさ観音円空庭、 参拝ではなく何とも浅ましいですが、 「茶房おふさ」でのかき氷 宇治金時をいただくのが本日の目的。 おふさ観音では、毎年の夏、2ヶ月間「風鈴まつり」を開催されています。     境内には2,500を超える風鈴が吊り下げられています。     僅かな風にも、涼やかなさ様々な材質の音色が聞こえます…

続きを読む

西本願寺念佛奉仕2日目 飛雲閣庭清掃 鸛の間抹茶接待

本願寺の2日目 東急ホテルロビー5:40ロビー集合 お晨朝参詣・・・今回は帰敬式を受けられる方も。 本願寺阿弥陀堂から朝の境内 阿弥陀堂から御影堂への渡り廊下 静がです。 渡り廊下から国宝阿弥陀堂 御晨朝の喚鐘を打つために大木の切り株を打って練習されています。 6:00  阿弥陀堂 御晨朝 讃仏偈 勤行 …

続きを読む

西本願寺念佛奉仕再開 浄照寺第30回参加記念行事1日目・祇園で記念懇親会

コロナ過で中止になっていた「西本願寺念佛奉仕団」が再開され、 浄照寺念佛奉仕団も30回を目前に休止されていましたが、 ようやく7月10日11日、再開の案内をいただくことになり、 日程の調整を連れ合いにも協力願い、参加できることになりました。 集合場所安穏殿前蓮鉢に咲く 大賀蓮 オオガハス(大賀蓮) 大賀一郎博士を中心としたグループによって発見された古代…

続きを読む

寺内町一身田 ・ 真宗高田派 本山 専修寺

連れ合いが隔週かかりつけ医M先生の往診を受けています。 その都度、夜の診察時間に処方されたお薬をいただきに行きます・。 待合室で手に取った夏の旅の雑誌。 目に留まったのが・・・一身田・・・???珍しい地名。 三重県津市。 それなれば特急火の鳥を使って訪ねてみましょう。 八木 9:29  停車駅 津 10:24 金鉄 津  10:24 着 JRへ…

続きを読む

明日香村、稲渕 ・柏森 ヒメホタルとゲンジホタル

福栄寺住職様より季節の便りをいただきました。 蛍・・蛍 ・・ 蛍  黄色文字は福栄寺住職から送付いただいた案内です。 今年のホタル ヒメホタルとゲンジホタル2023/06/28 水曜日 18:45今年は明日香村と五條市2ヶ所しか行っていません。明日香は稲渕その上の栢森ゲンジボタルと五條市上野ヒメボタルです。気になる室生村はどうでしょうね????今年はヒメボタルがメインになりまし…

続きを読む

馬見丘陵公園 ナガレヤマ古墳とあじさいの小径*花菖蒲

梅雨の最中、部屋の湿度80%じめじめの日が続いています。 霧雨が降る中そんな雨に似合う花、 友と紫陽花を愛でに馬見丘陵公園へ。 雨は樹々を鮮やかく見せてくれます。 霧雨の中、緑が鮮やかな馬見丘陵公園 馬見丘陵公園には雨が似合う花が多くあります。 花菖蒲 ・・・少し、満開を過ぎていました。 面積約3千平方メートルの菖蒲園には 江戸系・肥後系・伊勢系な…

続きを読む

南山城 当尾の里 古寺 浄瑠璃寺(九体寺)

古寺岩船寺を後に、約1.5Kmの山里の道を今回は車で移動。 以前には石仏群を散策しながら浄瑠璃寺参道へ。 今回は修復完了した七体の阿弥陀様を拝観させていただいたことでした。 当尾は古くから奈良仏教の影響を強く受け、多くの寺院が建立されてそうですが、 後の兵火などで焼失、今は浄瑠璃寺、岩船寺、石仏だけが残ったそうです。 浄瑠璃寺総門 美しい長い土塀が続いています。 …

続きを読む

南山城 当尾の里古寺 岩船寺の紫陽花

再度訪ねることは叶わないと思っていた南山城の古寺を、 友とのご縁に恵まれました。 京都府と奈良県の境にあるかつては南山城当尾。 関西花の寺二十五ヶ所霊場」第十五番 真言律宗高雄山 岩船寺 奈良・平城京が文化の中心であった時代には、山々の背後にあたる場所でした。南都仏教の影響を強く受けており、平城京の外郭浄土として興福寺や東大寺にいた高僧や修行僧の隠棲の地となり、…

続きを読む

ササユリ(笹百合)ハンゲショウ(半化粧)* オンタイスイレン(温帯睡蓮) * サクララン(桜欄)

福栄寺住職様から花たよりをいただきました。 昨日6月6日チョット散歩がてらにささゆりを見に行きました。ぼつぼつ咲き始めて質素にポツンポツンとささゆりらしく咲いているのが良かったです。前日の雨上がりであったのも周りの雑草がソフトに見えるよう引き立ててくれたようです。ご笑覧下さい。 福栄寺  ササユリ(笹百合)ユリ科 ユリ属 日本特産で日本を代表するユリ。 地…

続きを読む

新生姜の甘酢漬け * 友の庭より枇杷

スーパーに新生姜を見かけるようになりました。 自身が甘酢漬けがお気に入りで一人分毎年作ります。 今回も500g位を買い求めました。 表面を丁寧に洗い、薄切りに。 大さじ1程度の塩をまんべんにふりかけます。 重しの代わりにお皿を お皿の上に目の前にあった調味料を重石プラス。 少し時間を置くと水分が出てしんなりした生姜・・・ …

続きを読む

5月の梅雨入り

5月29日、九州北部、四国、中国、近畿、東海で梅雨入りの発表がありました。 九州北部や四国、中国、近畿、東海は平年に比べて、1週間程度早い梅雨入り。 昨年より16日早く、統計史上7番目の早さで、 5月中に梅雨入りしたのは0年ぶりだということです。 庭に残した初夏の花が咲き始めました。 タリヌム・カリキヌム(クサハナビ 草花火) スベリヒユ科 タリヌム属 …

続きを読む

蕨採り ・ 芍薬ガーデン

連れ合いの体調が戻り、お迎えの車で通所リハビリへと。 快晴に恵まれた日に、いただいた時間を 蕨取りと、芍薬の花摘みに使わせていただきました。 五條市と下市町の境界辺りの山中・・・ この場所までの道のり・・・テレビ画面に映る「ほつんと一軒家」のよう・・・ 軽四トラックに乗り換え道幅イッパイ・・・・急な細い坂道をくねくね・・ 下を見れば崖っ…

続きを読む

親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要 雅楽 舞楽特別公演

5月7日(日) 親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要 雅楽 舞楽特別公演 12:00~13:00      本堂に向かって右側に 笙 篳篥 龍笛・和琴の演奏者 10名 本堂に向かって左側・・・鞨鼓 太鼓 鉦鼓 狩衣 立烏帽子装束姿 奈良葛城楽所 雅游会 舞い方の入堂 出演  芦屋女人舞楽 原笙会 …

続きを読む

浄照寺報恩講法要 * 鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要 

5月6日 浄照寺報恩講法要       5月7日 朝から雨 浄照寺仏旗が濡れて揺れています。 鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要 雅楽 舞楽特別公演 法要が始まる少し前から徐々に雨が強くなり、 喚鐘が鳴る頃にはまるでバケツをひうっ繰り返したような・・・ よく例えられるような雨・・・雨・・・ 10:00 法要は激しい雨に関係なく時間通…

続きを読む

関西花の寺 船宿寺 クルメツツジ*シャクナゲ*キリシマツツジ*オオテマリ

御所市 関西花の寺二十五ケ所大二十二番 高野山真言宗 医王山山  船宿寺 参道から山門 平戸ツツジで覆われるような山門への参道 船宿寺山門 拝観懇志を納めます。 5月3日に花法会・紫燈護摩供養が催される案内が。 ツツジに覆われるように本堂の甍 庫裏の借景はグリーンの中にツツジや紅い野村紅…

続きを読む

五條市花の寺 金剛寺  ボタン * キモクレン * モモイロタンポポ * ヤブブテマリ

お天気に恵まれた日の 五條 金剛寺  西国薬師第九番霊場 関西花の寺二十三番霊場 金剛寺山門 山門を入ると樹齢100年の古木 シラフジ  マメ科 フジ属  上り藤で上向きに咲き、辺り一面に甘い香りが漂います。 カメリア エリナ カスケード(ヒメサザンカ姫山茶花) ツバキ科 ツバキ属    中国系園芸品種で日本のツバキの仲間と…

続きを読む

馬見丘陵公園チューリップまつり

馬見丘陵公園 第10回のチューリップフェアが開催されています。 連れ合いが通所リハビリの時間、 私にも花を愛でる時間をいただきました。 友の車で・・・平日なのに駐車場は満車状態・・・ 関西最大級・・・・約65万株のチューリップが・・・ 一度に満開にならないように、工夫がされています。 このコーナー夏にはサルスベリの樹々が紅白の花…

続きを読む

いちご摘み * 元石清水八幡宮のヤブツバキ * ヤエコテマリ

実家の弟夫妻からいちご摘みのお誘いを受けて、妹夫妻の車に便乗。 いちごの畑は実家では「八幡さん」と名付けられています。 「八幡神社(元石清水八幡宮)の森 奈良市の文化財に指定されている神社で、 男山の「石清水八幡宮」の元宮であるとの言い伝えから、 「元石清水八幡宮」とも呼ばれているそうです。 隣接する南都七大寺の一つ史跡大安寺旧境内 一面に ハルジオン(春紫…

続きを読む

花まつり(灌仏会)法座 初参式(はつまいり)

浄照寺4月の法座 ・・・花まつり(灌仏会)法座 午後からの初参式(はつまいり) ・・・ 花まつり(灌仏会)法座のための 花御堂のお飾りに8:00に仏婦有志が受け持ちました。 会員が育てて持ち寄った種類の違った椿の花です。 花御堂お飾りが・・・花御堂のお屋根に桜の花から・・・ お寺で準備くださったお花を種類ごとに・・・ 飾り付けの始まり・・・…

続きを読む

佐保川 川沿いの川治桜

長い長い付き合いの四婆がいつの間にか三婆になってしましました。 現実の厳しさを受け入れながら・・・ 三婆で佐保川沿いの桜を愛でに。 近鉄新大宮下車・・・佐保川川沿いへ徒歩3・4分 前方遠くに若草山 春日山原生林を 源 流とする佐保川は、春日山原生林が源流・・・ 東大寺の北から奈良の町を通りぬけ、南へ流れていきます。 古くは平城京に物資を運搬する運河としての役…

続きを読む

弘川寺西行記念館 庭園の桜 *天然記念物 カイドウ(海棠桜)  

桜山から下りて、案内がある西行記念館へ。 記念館は春季の3月下旬から5月中旬と、 秋季の10月中旬から12月上旬の開館。 拝観料は大人500円 本坊庭園の桜に恵まれました。 本坊入り口近くの カイドウ海棠(天然記念物) 樹齢350年    カイドウ(海棠) バラ科 リンゴ属 日本一の老樹で府の天然記念物に指定されています。 こちらの花盛りは毎年4…

続きを読む

西行法師ゆかりの南河内弘川寺、西行桜山

3月28日 もう一度是非訪ねたかった西行法師ゆかりの寺へ友のご縁で 南河内 弘川寺へ12年振りに再度参詣することが出来ました。 弘川寺本坊の石垣と白い土塀 苔むす本堂への石畳参道 山桜と護摩堂 オレンジ色の若葉・ヤマザクラ(山桜) 弘川寺本堂 鎮守堂 桜博士 笹部 新太郎  笹部桜  …

続きを読む

バイモの開花 * 糊こぼしの椿 * ミリンダ *

賀名生梅林でのお土産に買ってきたバイモの花株 中庭の植木鉢に移植しました。 環境が違って育つかなあ・・・と。 下向きに可愛い花が咲きました。 不思議といつまでも見ていても見飽きない。 バイモ 別名 アミガサユリ(編笠百合)アミガサユリユリ科  バイモ属 花はうす緑色で釣鐘に似ています。 …

続きを読む

賀名生(あのう)梅林散策

快晴に恵まれ、西吉野南朝の里賀名生梅林を友の車に便乗して訪ねました。 賀名生は、西吉野村丹生川の下流沿いの谷で、 一時、南北朝時代に南朝の皇居が置かれた場所です。 北曽木の丘陵を麓から中腹まで2万本の満開の梅林が見わたせます。 ほのかな香りが、山々を伝うように漂ってきます。 快晴の空に、満開の ハクモクレン 快晴の空に満開の生け…

続きを読む

介護サービス担当者会議 * ノリコボシツバキ(糊零し椿)* (ヤブツバキ)藪椿 * 河津桜 *春の永代経 お斎復活

連れ合いの今後の支援について町の地域包括センター担当者が 自宅に集まって今後についての介護サービス担当者会議を開いてくださいました。 参加者は、かかりつけ医師 ・ ケアマネジャー ・  通所施設の介護支援関連スタッフの理学療法士・介護担当者 訪問看護担当看護師・介護レンタル用品事業所担当者・私自身の計 8名。 1時間余り、各の担当者から所見が述べられ、 家族(私)の望むところなどなど…

続きを読む

大和郡山城跡・毘沙門櫓整備・極楽橋復活

盆梅展出口の多門櫓から、毘沙門曲輪へと散策 いつの間にか休憩施設の番屋と四阿(あずまや)や周辺の園路が 整備改修されて驚きました。 多くのお方のご協力によるものなのでしょうね。 何年か前に訪れた時は極楽橋工事が始まる直前だったことを覚えています。 明治6年の廃城令により撤去されたとみられ、 2021年3月に約150年ぶりの復活されたそうです。 …

続きを読む

大和郡山城跡(追手門・追手向櫓・多門櫓)第20回盆梅展

連れ合いの通所リハビリの時間を利用して、髪のカットに。 帰宅途中の電車窓から、春の陽射しがとても心地よかったので、 思い付きで最寄り駅で下車せず郡山城跡の盆梅展を思い出し、 そのまま大和郡山駅まで乗り越すことに・・・ 皮肉なことに、いつの間にか暗雲が立ち込め、 車窓に雨粒がかかり始めました。 郡山で下車した時には、雨あしが強まり・・・傘は無し・・・ 下車せず反対側のホームへ…

続きを読む

 寺田知世画伯展へ * ゆがき干し大根 * 柚子大根 * 大根菜飯用 

浄照寺了厳会館の壁画を奉納くださった画家寺田知世さんの 水彩画展を大阪上本町近鉄百貨店へ法友とお出かけ。 近鉄百貨店88F アートギャラリー  寺田 知世 水彩画展 繊細な描写に感動・・・と感嘆詞 寺田 知世水彩画展 内部は撮影禁止なので・・・ お出かけは介護を忘れてリフレッシュの貴重な時間をいただきました。 ✼••┈…

続きを読む

當麻寺奥院 寒空緑葉鮮やか冬牡丹

寒牡丹の石光寺から當麻寺まで10分足らずの移動・・・ 参道から当麻寺仁王門(東大門) 仁王門から参道…二上山金剛葛城山系が間近に・・・ 簡素な鐘楼ですが国宝に指定されています。 白鳳時代680年代に鋳造された梵鐘で、古い日本最古の梵鐘と案内されています。 参道僧院の土塀から今にも弾けそうな マユミ (檀・真弓・檀弓) 国…

続きを読む

石光寺寒牡丹 * チョウジ(丁子)* ヤマモモ(山桃)

遅ればせながら謹んで新年のお慶び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 友をお誘いして二上山の麓、石光寺の寒牡丹を観賞に。 石光寺山門 ・・・ 樹齢250年の百日紅 山門の左…樹齢250年のサルスベリの威風堂々な根元。 正面に阿弥陀堂があります。御本尊は阿弥陀如来。 受付から眺めた中将姫ゆかりの「染の井」と「糸掛桜」の…

続きを読む

フユザクラ(冬桜)* ザクロ(柘榴)

昨夜カーテンの隙間から星空が見わたせました。 朝は冷え込みが厳しく、雲のない快晴です。 今年も冬桜を見るため、遠回りして道草になりました。 ラピスラズリ色に近い美しい空   サクラが似合います。 少し満開を過ぎています。 フユザクラ(冬桜)コバザクラ シキザクラ バラ科 サクラ属 ヤマザクラとマメザクラの雑種と推定されているそうです…

続きを読む

興福寺五重塔120年来の大規模修理・・・多分見納めに・・

近年仏婦の恒例になっている寺田知世さんの個展へお出かけしました。 寒空で一気に冬の到来を実感しています。 近鉄奈良駅前から県庁への登り大路の見納めの紅葉 奈良文化会館前紅葉の絨毯 寒々しくなった奈良公園の鹿たち 昼食は例年通り…奈良県庁の6Fから興福寺5重の塔を眺めながら・・・ 金剛葛城山系にどんよりした雲が…

続きを読む

初冬柿の紅葉 ・ カリン(花梨)果実

奈良県五条市から下市町に広がる奈良県最大の柿の産地。 標高100m~400mの中山間地で年間平均気温14~15℃、 収穫期の温度差と水はけのよい傾斜が、柿を育てるのに大変適した風土です。 古くから「御所柿」を始め様々な柿が生まれてきました。 その他ハウス柿、刀平核無、富有が栽培されています。 主要品種「刀根早生」の発祥の地として有名です。       福栄寺住職様か…

続きを読む

馬見公園秋の小品盆栽展 * ナンバンハゼ(南蛮櫨)

馬見公園館で開催されている小品盆栽展を観賞させていただいた。 快晴に恵まれました。 公園館前のハナミズキ(花水木)の紅葉が終わりを迎えて落葉の真っ盛り 秋の小品盆栽展会場  馬見丘陵公園館 駐車場のナンキンハゼ(南京櫨)の紅葉と白い果実が快晴のブルーに映えます。 ナンキンハゼ(南京櫨)トウダイグサ科 ナンキンハゼ属…

続きを読む

皆既月食と天王星食の映像を送付していただく

福栄寺住職様より送付いただいた皆既月食の映像 2022/11/09 水 19:21 月並みですが昨夜寒さに震えながら撮りました。 写真も震えているのが沢山有りました。 天王星も世間に負けずに入りました。 今回は皆既月食と重なり大変珍しいそうで織田信長が見たのではと。。。 TVでは最もらし事とを言ってましたが そんな時代に優秀な望遠鏡有っただろか? 2022…

続きを読む

秋の明日香路 ・ Seesaaブログへ引っ越し

藤原旧跡から明日香路へ。 刈り取りが少し遅れている稲穂が黄金色に 国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区です。 後方の小高い丘・・・甘樫丘 明日香村の中心にある標高148mの緩やかな丘。。。 展望台へは何度も登りました。 明日香村が一望でき、耳成山、畝傍山、天香久山の 大和三山も眺められます。 かつて蘇我蝦夷・蘇我入鹿親子が権勢を天下に示すために、 丘の麓に居宅…

続きを読む

藤原旧跡の秋桜と・・・国原は、煙立ち立つ・・・万葉集の視界

秋日和と花を愛でる友に恵まれ、 福栄寺の住職さまの秋桜の写真に魅せられて・・・ 特別史跡藤原宮跡藤原旧跡花園 秋桜コーナーへ 明日香村より煙が立ち上っています・・・ 万葉集を・・・ 万葉集 第一巻 :0002 舒明天皇の歌 大和には、群山あれど、とりよろふ、天の香具山、 登り立ち、国見をすれば、国原は、煙立ち立つ、 海原は、鴎(かまめ)立…

続きを読む

アオベンケイソウ(青弁慶草) 江戸柿で干し柿作り

庭にの草木等を整理して残したアオベンケイ(青弁慶) とても地味な山野草のお花です。 涼しい御杖村から郡中に引っ越して来て・・・ 随分痛めつけられたと思います。 アオベンケイソウ(青弁慶壮草) アオベンケイ(青弁慶) ベンケイソウ科  ムラサキベンケイソウ属 樹上や岩地にはえる常緑多年草。 花は小さな淡い黄緑色の5弁花。 葯は淡い…

続きを読む

藤原旧跡の夕焼とコスモス

あちらことらで秋風に揺れるコスモスを見かける季節になりました。 何と時の経過の経過の早いこと・・・ 福栄寺住職様より送付いただいた藤原旧跡の咲き乱れるコスモス。 一週間ほど前からコスモスが真っ盛り、時期を少しづつずらしてくれているので長く楽しめます。昨日昼・本日夕方夕焼け子焼けをと見てきました。夕焼けは無かったが小焼けが西の二上山当たりに真っ赤に焼けてくれました。でもコ…

続きを読む

マユハケオモト(眉刷毛万年青)・ ホトトギス(杜鵑)・ ツルウメモドキ(蔓梅擬)

冷たい小雨が降り続いています。 庭と中庭に残した数少ない秋の花たちが咲き始めました。     マユハケオモト(眉刷毛万年青)の蕾が葉の間から・・・ 今年の猛暑に鉢植えの山野草 ホトトギス(杜鵑)は全滅。 中庭の軒の部分の株が生き残ってくれました。 例年より花丈が短く弱々しく感じます。 冬越しダメージで株が小さくなって…

続きを読む

葛城古道 九品寺の彼岸花

初夏の葛城古道は何度か訪ねているのですが、 彼岸花の咲く頃の葛城古道の九品寺は久し振りの散策。 九品寺は奈良時代の僧「行基」が開いたと伝えられています。 九品寺山門 古木の枝垂れ桜 ・・・お花見に訪ねてみましょう。 鐘楼と美しい白壁と石垣 山門の左側 十徳園といわれる回遊式庭園。  九品寺本堂 ご本尊は国の重要文化…

続きを読む

庭のシロバナマンジュシャゲ(リコリス)(白花曼珠沙華 )・ 用水路のケハギ(毛萩)・ シロハギ(白萩) シオン(紫苑)

日本の慣用句 暑さ寒さも彼岸まで  納得。   朝夕、随分過ごしやすくなりました。 庭にも秋が・・・シロバナマンジュシャゲ (リコリス)(白花曼珠沙華) ゼフィランサス タマスダレが一気に満開になりました。 シロバナマンジュシャゲ(リコリス)(白花曼珠沙華 ) ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 手入れが行き届かなくても・・・彼岸前には一…

続きを読む

明日香村 奈良県立万葉文化館 特別展「平山郁夫展 ~その旅路を辿る~」

連れ合いを通所リハビリへお迎えくださった後、 友の車に便乗させていただいて明日香村へ。  奈良県立万葉文化館 特別展 平山郁夫 展  ~ その旅路を辿る ~ 日本画家の 故・平山郁夫さんの作品を展示する展覧会 平山郁夫美術館と平山郁夫シルクロード美術館所蔵の作品のなかから、 平山郁夫のふるさとである瀬戸内の風景を描いた素描や、平成の洛中洛外図、 …

続きを読む

あべのハルカス美術画廊 凛凛会 * ハルカス300(展望台)から

同窓生の画家 中村恵美子さんから第7回凛凛会の案内をいただき、 あべのハルカス近鉄本店 美術画廊へ。 会場は撮影禁止なので・・・ あべのハルカス近鉄本店 タワー館 11F 美術画廊 案内の絵画は 絹谷 幸二 画伯 室外から 案内から 同窓の中村恵美子 画伯 展望台に行くシャトルエレベーターで16階チケットカウンターへ。…

続きを読む

グリーンのコキア ・ 満開のサルスベリ ・

今年の夏は特に応えています。 齢を重ねるってこういうことなんだと・・実感。 膝の痛みに腰の痛み・・・薬も無くなったので整形外科へ。 「治りたいなんて大それたことは言いません!!」先生や看護師さんに苦笑される。 腰と足に注射・・・ロキソニンの湿布薬・・・少し楽になりました。 連れ合いから「ママさん頑張って!!」と。苦笑で返す。 25日、朝から何と…

続きを読む

奈良国立博物館  特別展 貞享本當麻曼荼羅修理完成記念

奈良国立博物館 特別展 貞享本當麻曼荼羅修理完成記念  中将姫と當麻曼荼羅 ―祈りが紡ぐ物語― 特別陳列 わくわくびじゅつギャラリー はっけん!ほとけさまのかたち 奈良・當麻寺の本尊である綴織當麻曼荼羅(国宝、當麻寺蔵)は、 およそ1250年前に現れた奇跡の曼荼羅として尊ばれてきました。 中将姫が感得し蓮糸を…

続きを読む

胡瓜の佃煮(キューちゃん擬き)簡単に作れて美味しいです。 コロナワクチン4回目接種

新型コロナウイルスの「第7波」の感染が広がる中、 7月27日、先週一週間の新規感染者の人数について日本が、 世界で最も多かったとするニュースに驚きました。 以前の海外のニュースの時は安易に、日本では有り得ない・・・本音で!! 先週一週間で96万9068人の感染が確認された日本の新規感染者数が 世界で最も多かったということです。    そんな中、コロナワクチン第4回目の接…

続きを読む

藤原旧跡 蓮

小雨の中、藤原旧跡ハナハス(花蓮)を愛でに。 694年天武天皇の意志を継いだ持統天皇が完成された「藤原京」 約5㎞平方の規模を誇る日本初の都です。 古代蓮のゾーン 古代蓮 四方約5Km平方の規模を誇る日本初の都です。 3つの蓮池に分かれています。 畝傍山 大和三山と藤原旧跡 三つの山が宮殿を護る神とする考え(三山鎮護思想)…

続きを読む

絵画の世界のような大温室、なばなの里 ベコニアガーデン

絵画のような大温室、なばなの里 ベコニアガーデンへ。 大輪の鮮やかな色のベゴニア、世界各国から集めた数百種・1万2千株もの花々が、 四季を通して楽しめます。 大温室の最適温度は15~25℃、湿度は60~80% 美しいです!! 1つの花の寿命はスタンドタイプ、ハンギングタイプとも約7~10日間だと聞きました。 花株はスタンドタイプで平均4か月長い…

続きを読む

なばなの里 ・ ジャカランタ * ギンドロ(銀泥)の樹

大阪難波と名古屋を結ぶ近鉄特急「火の鳥」エコノミークラスで途中停車駅「津」 まで。 途中停車駅 「大和八木」 「津」  コロナ禍の影響でエコノミークラス車内の乗客数は座席数の3分の1程度かなあ・・・ 降りる時に気付いたのです・・・サービス設備として多目的に使えるベンチスペース。 近鉄80000系 愛称も「ひのとり」火の鳥のロコマーク…

続きを読む

ホヤ(サクララン桜欄)* クサハナビ(草花火)* 温帯睡蓮

庭を一新した時にお気に入りで残した花の一つ、  クサハナビ(草花火)が今年も咲き始めました。 タリヌム・カリキヌム * クサハナビ(草花火) ナツハナビ(夏花火) スベリヒユ科 ハゼラン属 葉の形はマツバボタンやマツバギクに似ていますが、 花は花茎を高く立ち上げ、小さなかわいらしい花を打ち上げ花火のように咲かせます 乾燥に強く、丈夫な花で、晩秋近く…

続きを読む

馬見丘陵公園花菖蒲

例年この時期に訪れる馬見丘陵公園菖蒲園。 お花は日頃、つい沈みがちな気分を和らげてくださる効果を感じます。 友の車に便乗させていただいての来園です。 共に一声はきれい!!綺麗!! 翌日から2日間公園の菖蒲まつりの行事が予定されています。 一昨年・昨年とコロナ禍のため、中止だったので賑わうことでしょう。 こちらの菖…

続きを読む

三輪明神大紳神社 ささゆり園 * 鉢植ホタルブクロ

山野草愛好家の友よりお持ちくださった、ホタルブクロの小さな小さな鉢植え。 感動です!! 自宅中庭を昨年まで賑わっていたホタルブクロ・・・何故??消えちゃいました。 ホタルブクロと一緒に貴重な貴重なササユリも2本。 ササユリ(笹百合)ユリ科 ユリ属 日本特産で日本を代表するユリ。 地域によっては、ヤマユリと呼ぶこともある。 …

続きを読む

再度シャクヤク園へ 五條藤岡家住宅

芍薬園最終日前日に再度お花を買い求めに。 新緑に栄える里山の風景は何度訪ねても飽きることはありません。 連休明けに蕾ばかりだった芍薬園…今回は蕾を見つけるのに一苦労。 咲ききってほぼ終わりの様子 広大な芍薬園の中から蕾を見つけるには・・・一苦労 楽しみながら八重の芍薬の蕾など20本切り取らせていただきました。 吉野郡平原…

続きを読む

突然の雷鳴と雹 ・・・ 15分間の氷片

5月25日(火) 午後4時過ぎ、遠くで雷の音。 次第に空模様が怪しくなり・・・生暖かい風が強くなります。 辺りが徐々に暗くなって雷の音が近くに・・・轟音とともに雹が落ちてきたのです。 いきなり雷鳴が強くなり・・・ 大地を叩くような音。 玄関の扉を少し開けると・・・ 叩くように落ちてくる大粒小粒の雹 凄いとしか・・・  玄関ポー…

続きを読む

懐かしい同窓生の絵画展へ(50年振りの再会)

同窓生の連絡係をしてくださっている方から年に何度かの集まりや、 新年会、ハイキングなどのお誘いの連絡が入ります。 近年はそんな連絡よりも、残念ながら、同窓生の訃報が多くなりました。 そんな中、先日 今日は中村恵美子さんの個展のご案内です。 中村さんは40歳すぎから絵画を志され、 今は「独立美術協会会員」として活躍されています。 奈良で下記のとおり個展を開催されました…

続きを読む

蕨採り * 伏せ込み栽培のウド(独活) * シャクヤクガーデン(芍薬)

5月6日(水) 連れ合がデイケアリハビリ治療のお迎えの後、 友からのお誘いを受けていた吉野へ蕨採りに。 昔々、蕨採りの懐かしい記憶から4半世紀が経過しています。 指定していただいた場所でそれなりの準備、(手袋や日除け帽等など) 持ち主様の車で移動。 蕨山に着くまでの行程・・・テレビの番組 〇〇〇〇一軒家・・・ 車一台分がぎりぎりの狭い狭い山間 車の対向・・・地…

続きを読む

花の鹿華苑  * クリンソウ * クマガイソウ * キリシマツツジ

4月28日(金) 友と多武峰淡山神社近くの隠れた穴場スポットとも・・・  花の里山 鹿華苑 案内板  個人のお宅のお庭を「鹿華苑」という名前で無料開放されています。 約1000坪に梅、つつじ、石楠花、水芭蕉、かざぐるま、クリンソウ等など。 花木約40種類、山野草(約60種類)が育てられています。 華苑へ続く散策道に大木の オオデマリ(大手毬)    …

続きを読む

春の名残り馬見丘陵公園チューリップ*ブラキカム・姫小菊

半世紀以上続いている4婆との交流・・・ とうとう1婆が抜けるような状態になりました。 何時の日にか誰が先になるのか・・・と昨今は考えるように。 1婆は外出することが、時々気分がのらなくなりました。 残る友の誘いでお出かけ・・・ お出かけと言っても馬見丘陵公園。 公園館の前のハナミズキが満開です。 一人の女性から声をかけられました。 「入園料を支払うのですか…

続きを読む

スマホ乗り換え後の不安と憂鬱・・・対処の9日間、間覚え書きとして * 庭に残った花

4月20日(木) 漸く日常の気分になれました。 事の発端は長きにわたりお付き合いあせていただいた「AU by KDDI」のスマホ。 スマホにデジラアプリの更新をショップで行ってください・・・との連絡から始まります。 近くのAUショップに行き、更新を済ますと、何を思われたのか・・・ eo光への乗り換えの話を聞いてほしい・・・との依頼。 その場を丁寧にお断りして帰宅。 考えました・…

続きを読む

宇治黄檗山 萬福寺 * 南座公演 都をどり*

南座公演 ‘都をどり‘ のお誘いを受けて二つ返事で久しぶりの京都へ。 京阪電車を利用するので、久しぶりに宇治黄檗山 萬福寺へも。                               京阪黄檗駅から徒歩 5~6分 黄檗山 萬福寺 総門 総門から三門への石條 境内参道の縦横の石條 龍の背の鱗をモチーフ化したものだそうです。 三門へと…

続きを読む

馬見丘陵公園桜とチューリップ  * 箸尾堤防沿い桜並木

4月1日(月) 友からお誘いを受けて馬見丘陵公園の桜とチューリップのお花見。 空のブルーは桜の花をより華やかに映えて引き立ちます。 週末から開催されるチューリップフェアーに備えて準備されたチューリップの花々。 チューリップフェアの頃には最高のお花が見れることでしょう。 その頃には残念ですが桜の花は多分、散ってしまっていることでしょう。 …

続きを読む

寺田知世さんの個展*花冷えの西大寺

小雨で花冷えの中、仏婦のお仲間と寺田知世さんより 案内をいただいていた個展を拝見に近鉄百貨奈良店へ。 繊細な花々に感激。 馴染みのある花々の色遣いに驚き。 堪能させていただいた後、館内のレストランで昼食。 奈良に住まいしながら初めてとの友もおられたので、 会場から徒歩10分ほどの真言律宗総本山 西大寺へ。 東門から参道 西大寺創…

続きを読む

天理別席の枝垂れ桜 ・ エドヒガン(江戸彼岸)

3月25日(木) 友が天理教別席の枝垂れ桜を知らないとの事から・・・ 少し早いかなあと…思いつつお出かけ。 案の定 ・・・少し早かったようです・・ 3分咲き・・・と言ったところかなあ・・・ 大木の枝々を支える支えの竹制円形吊り棚仕立て支柱は約30本以上ありそうです。 支柱から支柱に竹や木材でさらに細やかに桜を支えています。 …

続きを読む

馬見丘陵公園 カワズザクラ(河津桜)カンヒザクラ(寒緋桜)コヒガンザクラ(小彼岸桜)・サンシュユ(山茱萸)

馬見丘陵公園の河津桜が見頃と聞いてお出かけしました。 年々という言葉が近頃は月々に変わりつつあります。 そんなこんなでご縁のある時は喜んでお出かけするようになりました。 はるまちの丘からの眺め 満開という言葉がぴったり・・・・河津桜の満開です。 お昼をお花の下で楽しんでおられるご家族など・・・さまざま。 巣山古墳を中心とする南エリア…

続きを読む

奈良国立博物館  特別展 聖林寺国宝十一面観音菩薩像

急な暖かさで蕾だった樹々の花が一斉に開花が始まっています。 友と奈良国立博物館 「特別展 聖林寺国宝十一面観音菩薩 」展へ。 博物館前枝垂れ桜で名高い氷室神社。 四脚門横の樹齢百年を迎える老木といわれていたエドヒガン系枝垂れ桜。  「奈良一番ザクラ」とも呼ばれ、春の訪れを告げるシンボルだったのです。 以前から樹勢が衰えてきているのが気がかりでした。 とうとうこ…

続きを読む

「近畿年賀状を出そう!!キャンペーン」 応募当選 ・ ノリコボシツバキ

昨年暮、親戚のみの年賀状を購入時、 「近畿 年賀状を出そう!!キャンペーン」の応募用紙をいただいたのです。 当選には縁はないのですが、切手が余っている理由でで応募したようです。 そんなことなどすっかり忘れていたのに・・・・ 箱詰めが届いたのです。 意味不明のまま開いてみてもまだ気付きません。 すっかり年賀状??? 何て気抜けした時期ですから・・・ 当選おめでとうございま…

続きを読む

明日香村 牽牛子塚古墳一般公開見学

明日香村 牽牛子塚古墳(けんごしづかこふん)の整備完了して 6日から一般公開をニュースで知りました。 12年前牽牛子塚古墳発掘調査で八角形の古墳と分かり、 大化の改新で知られる中大兄皇子(天智天皇)の母、 斉明天皇の墓と有力視され、当時連れ合いと見学会に出かけました。 その後4年の歳月をかけて復元工事が完了したのです。 墳丘は高さ約5メートル、対辺の長さが約22…

続きを読む

桂離宮参観

2月25日(金) 1月初旬にネットで3か月先の桂離宮の桜・仙洞御所の藤の見頃に合わせて 参観の申し込みを試みたのですが、コロナの影響で参観者人数の制限で、 すでに満席でした。 仕方なしに空いている2月25日 11:00に桂離宮参観の予約を入れました。 「1月9日、抽選の結果、ご希望の日時にて参観が「許可」されましたのでご連絡いたします。 当日は全員についてご本人であることを確認できる…

続きを読む

たそがれ期に気掛かりだった小さな庭のこと

新型コロナウイルスのオミクロン株による感染急拡大で、連れ合いが通うデイケア施設も、 複数の職員が濃厚接触者なり、1週間の中止となり自宅介護の現場にも影響が及んでいます。 予約受診での病院も医療従事者及び入院患者の感染が確認され。 新規患者の外来診療が停止になっていました。 今までそれほど感じていなかった危機感を身に受けた昨今です。 東側の玄関先に小さな庭があり、ハナ…

続きを読む