馬見公園秋の小品盆栽展 * ナンバンハゼ(南蛮櫨)

馬見公園館で開催されている小品盆栽展を観賞させていただいた。 快晴に恵まれました。 公園館前のハナミズキ(花水木)の紅葉が終わりを迎えて落葉の真っ盛り 秋の小品盆栽展会場  馬見丘陵公園館 駐車場のナンキンハゼ(南京櫨)の紅葉と白い果実が快晴のブルーに映えます。 ナンキンハゼ(南京櫨)トウダイグサ科 ナンキンハゼ属…

続きを読む

皆既月食と天王星食の映像を送付していただく

福栄寺住職様より送付いただいた皆既月食の映像 2022/11/09 水 19:21 月並みですが昨夜寒さに震えながら撮りました。 写真も震えているのが沢山有りました。 天王星も世間に負けずに入りました。 今回は皆既月食と重なり大変珍しいそうで織田信長が見たのではと。。。 TVでは最もらし事とを言ってましたが そんな時代に優秀な望遠鏡有っただろか? 2022…

続きを読む

秋の明日香路 ・ Seesaaブログへ引っ越し

藤原旧跡から明日香路へ。 刈り取りが少し遅れている稲穂が黄金色に 国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区です。 後方の小高い丘・・・甘樫丘 明日香村の中心にある標高148mの緩やかな丘。。。 展望台へは何度も登りました。 明日香村が一望でき、耳成山、畝傍山、天香久山の 大和三山も眺められます。 かつて蘇我蝦夷・蘇我入鹿親子が権勢を天下に示すために、 丘の麓に居宅…

続きを読む

藤原旧跡の秋桜と・・・国原は、煙立ち立つ・・・万葉集の視界

秋日和と花を愛でる友に恵まれ、 福栄寺の住職さまの秋桜の写真に魅せられて・・・ 特別史跡藤原宮跡藤原旧跡花園 秋桜コーナーへ 明日香村より煙が立ち上っています・・・ 万葉集を・・・ 万葉集 第一巻 :0002 舒明天皇の歌 大和には、群山あれど、とりよろふ、天の香具山、 登り立ち、国見をすれば、国原は、煙立ち立つ、 海原は、鴎(かまめ)立…

続きを読む

アオベンケイソウ(青弁慶草) 江戸柿で干し柿作り

庭にの草木等を整理して残したアオベンケイ(青弁慶) とても地味な山野草のお花です。 涼しい御杖村から郡中に引っ越して来て・・・ 随分痛めつけられたと思います。 アオベンケイソウ(青弁慶壮草) アオベンケイ(青弁慶) ベンケイソウ科  ムラサキベンケイソウ属 樹上や岩地にはえる常緑多年草。 花は小さな淡い黄緑色の5弁花。 葯は淡い…

続きを読む

藤原旧跡の夕焼とコスモス

あちらことらで秋風に揺れるコスモスを見かける季節になりました。 何と時の経過の経過の早いこと・・・ 福栄寺住職様より送付いただいた藤原旧跡の咲き乱れるコスモス。 一週間ほど前からコスモスが真っ盛り、時期を少しづつずらしてくれているので長く楽しめます。昨日昼・本日夕方夕焼け子焼けをと見てきました。夕焼けは無かったが小焼けが西の二上山当たりに真っ赤に焼けてくれました。でもコ…

続きを読む

マユハケオモト(眉刷毛万年青)・ ホトトギス(杜鵑)・ ツルウメモドキ(蔓梅擬)

冷たい小雨が降り続いています。 庭と中庭に残した数少ない秋の花たちが咲き始めました。     マユハケオモト(眉刷毛万年青)の蕾が葉の間から・・・ 今年の猛暑に鉢植えの山野草 ホトトギス(杜鵑)は全滅。 中庭の軒の部分の株が生き残ってくれました。 例年より花丈が短く弱々しく感じます。 冬越しダメージで株が小さくなって…

続きを読む

葛城古道 九品寺の彼岸花

初夏の葛城古道は何度か訪ねているのですが、 彼岸花の咲く頃の葛城古道の九品寺は久し振りの散策。 九品寺は奈良時代の僧「行基」が開いたと伝えられています。 九品寺山門 古木の枝垂れ桜 ・・・お花見に訪ねてみましょう。 鐘楼と美しい白壁と石垣 山門の左側 十徳園といわれる回遊式庭園。  九品寺本堂 ご本尊は国の重要文化…

続きを読む

庭のシロバナマンジュシャゲ(リコリス)(白花曼珠沙華 )・ 用水路のケハギ(毛萩)・ シロハギ(白萩) シオン(紫苑)

日本の慣用句 暑さ寒さも彼岸まで  納得。   朝夕、随分過ごしやすくなりました。 庭にも秋が・・・シロバナマンジュシャゲ (リコリス)(白花曼珠沙華) ゼフィランサス タマスダレが一気に満開になりました。 シロバナマンジュシャゲ(リコリス)(白花曼珠沙華 ) ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 手入れが行き届かなくても・・・彼岸前には一…

続きを読む

明日香村 奈良県立万葉文化館 特別展「平山郁夫展 ~その旅路を辿る~」

連れ合いを通所リハビリへお迎えくださった後、 友の車に便乗させていただいて明日香村へ。  奈良県立万葉文化館 特別展 平山郁夫 展  ~ その旅路を辿る ~ 日本画家の 故・平山郁夫さんの作品を展示する展覧会 平山郁夫美術館と平山郁夫シルクロード美術館所蔵の作品のなかから、 平山郁夫のふるさとである瀬戸内の風景を描いた素描や、平成の洛中洛外図、 …

続きを読む

あべのハルカス美術画廊 凛凛会 * ハルカス300(展望台)から

同窓生の画家 中村恵美子さんから第7回凛凛会の案内をいただき、 あべのハルカス近鉄本店 美術画廊へ。 会場は撮影禁止なので・・・ あべのハルカス近鉄本店 タワー館 11F 美術画廊 案内の絵画は 絹谷 幸二 画伯 室外から 案内から 同窓の中村恵美子 画伯 展望台に行くシャトルエレベーターで16階チケットカウンターへ。…

続きを読む

グリーンのコキア ・ 満開のサルスベリ ・

今年の夏は特に応えています。 齢を重ねるってこういうことなんだと・・実感。 膝の痛みに腰の痛み・・・薬も無くなったので整形外科へ。 「治りたいなんて大それたことは言いません!!」先生や看護師さんに苦笑される。 腰と足に注射・・・ロキソニンの湿布薬・・・少し楽になりました。 連れ合いから「ママさん頑張って!!」と。苦笑で返す。 25日、朝から何と…

続きを読む

奈良国立博物館  特別展 貞享本當麻曼荼羅修理完成記念

奈良国立博物館 特別展 貞享本當麻曼荼羅修理完成記念  中将姫と當麻曼荼羅 ―祈りが紡ぐ物語― 特別陳列 わくわくびじゅつギャラリー はっけん!ほとけさまのかたち 奈良・當麻寺の本尊である綴織當麻曼荼羅(国宝、當麻寺蔵)は、 およそ1250年前に現れた奇跡の曼荼羅として尊ばれてきました。 中将姫が感得し蓮糸を…

続きを読む

胡瓜の佃煮(キューちゃん擬き)簡単に作れて美味しいです。 コロナワクチン4回目接種

新型コロナウイルスの「第7波」の感染が広がる中、 7月27日、先週一週間の新規感染者の人数について日本が、 世界で最も多かったとするニュースに驚きました。 以前の海外のニュースの時は安易に、日本では有り得ない・・・本音で!! 先週一週間で96万9068人の感染が確認された日本の新規感染者数が 世界で最も多かったということです。    そんな中、コロナワクチン第4回目の接…

続きを読む

藤原旧跡 蓮

小雨の中、藤原旧跡ハナハス(花蓮)を愛でに。 694年天武天皇の意志を継いだ持統天皇が完成された「藤原京」 約5㎞平方の規模を誇る日本初の都です。 古代蓮のゾーン 古代蓮 四方約5Km平方の規模を誇る日本初の都です。 3つの蓮池に分かれています。 畝傍山 大和三山と藤原旧跡 三つの山が宮殿を護る神とする考え(三山鎮護思想)…

続きを読む

絵画の世界のような大温室、なばなの里 ベコニアガーデン

絵画のような大温室、なばなの里 ベコニアガーデンへ。 大輪の鮮やかな色のベゴニア、世界各国から集めた数百種・1万2千株もの花々が、 四季を通して楽しめます。 大温室の最適温度は15~25℃、湿度は60~80% 美しいです!! 1つの花の寿命はスタンドタイプ、ハンギングタイプとも約7~10日間だと聞きました。 花株はスタンドタイプで平均4か月長い…

続きを読む

なばなの里 ・ ジャカランタ * ギンドロ(銀泥)の樹

大阪難波と名古屋を結ぶ近鉄特急「火の鳥」エコノミークラスで途中停車駅「津」 まで。 途中停車駅 「大和八木」 「津」  コロナ禍の影響でエコノミークラス車内の乗客数は座席数の3分の1程度かなあ・・・ 降りる時に気付いたのです・・・サービス設備として多目的に使えるベンチスペース。 近鉄80000系 愛称も「ひのとり」火の鳥のロコマーク…

続きを読む

ホヤ(サクララン桜欄)* クサハナビ(草花火)* 温帯睡蓮

庭を一新した時にお気に入りで残した花の一つ、  クサハナビ(草花火)が今年も咲き始めました。 タリヌム・カリキヌム * クサハナビ(草花火) ナツハナビ(夏花火) スベリヒユ科 ハゼラン属 葉の形はマツバボタンやマツバギクに似ていますが、 花は花茎を高く立ち上げ、小さなかわいらしい花を打ち上げ花火のように咲かせます 乾燥に強く、丈夫な花で、晩秋近く…

続きを読む

馬見丘陵公園花菖蒲

例年この時期に訪れる馬見丘陵公園菖蒲園。 お花は日頃、つい沈みがちな気分を和らげてくださる効果を感じます。 友の車に便乗させていただいての来園です。 共に一声はきれい!!綺麗!! 翌日から2日間公園の菖蒲まつりの行事が予定されています。 一昨年・昨年とコロナ禍のため、中止だったので賑わうことでしょう。 こちらの菖…

続きを読む

三輪明神大紳神社 ささゆり園 * 鉢植ホタルブクロ

山野草愛好家の友よりお持ちくださった、ホタルブクロの小さな小さな鉢植え。 感動です!! 自宅中庭を昨年まで賑わっていたホタルブクロ・・・何故??消えちゃいました。 ホタルブクロと一緒に貴重な貴重なササユリも2本。 ササユリ(笹百合)ユリ科 ユリ属 日本特産で日本を代表するユリ。 地域によっては、ヤマユリと呼ぶこともある。 …

続きを読む

再度シャクヤク園へ 五條藤岡家住宅

芍薬園最終日前日に再度お花を買い求めに。 新緑に栄える里山の風景は何度訪ねても飽きることはありません。 連休明けに蕾ばかりだった芍薬園…今回は蕾を見つけるのに一苦労。 咲ききってほぼ終わりの様子 広大な芍薬園の中から蕾を見つけるには・・・一苦労 楽しみながら八重の芍薬の蕾など20本切り取らせていただきました。 吉野郡平原…

続きを読む

突然の雷鳴と雹 ・・・ 15分間の氷片

5月25日(火) 午後4時過ぎ、遠くで雷の音。 次第に空模様が怪しくなり・・・生暖かい風が強くなります。 辺りが徐々に暗くなって雷の音が近くに・・・轟音とともに雹が落ちてきたのです。 いきなり雷鳴が強くなり・・・ 大地を叩くような音。 玄関の扉を少し開けると・・・ 叩くように落ちてくる大粒小粒の雹 凄いとしか・・・  玄関ポー…

続きを読む

懐かしい同窓生の絵画展へ(50年振りの再会)

同窓生の連絡係をしてくださっている方から年に何度かの集まりや、 新年会、ハイキングなどのお誘いの連絡が入ります。 近年はそんな連絡よりも、残念ながら、同窓生の訃報が多くなりました。 そんな中、先日 今日は中村恵美子さんの個展のご案内です。 中村さんは40歳すぎから絵画を志され、 今は「独立美術協会会員」として活躍されています。 奈良で下記のとおり個展を開催されました…

続きを読む

蕨採り * 伏せ込み栽培のウド(独活) * シャクヤクガーデン(芍薬)

5月6日(水) 連れ合がデイケアリハビリ治療のお迎えの後、 友からのお誘いを受けていた吉野へ蕨採りに。 昔々、蕨採りの懐かしい記憶から4半世紀が経過しています。 指定していただいた場所でそれなりの準備、(手袋や日除け帽等など) 持ち主様の車で移動。 蕨山に着くまでの行程・・・テレビの番組 〇〇〇〇一軒家・・・ 車一台分がぎりぎりの狭い狭い山間 車の対向・・・地…

続きを読む

花の鹿華苑  * クリンソウ * クマガイソウ * キリシマツツジ

4月28日(金) 友と多武峰淡山神社近くの隠れた穴場スポットとも・・・  花の里山 鹿華苑 案内板  個人のお宅のお庭を「鹿華苑」という名前で無料開放されています。 約1000坪に梅、つつじ、石楠花、水芭蕉、かざぐるま、クリンソウ等など。 花木約40種類、山野草(約60種類)が育てられています。 華苑へ続く散策道に大木の オオデマリ(大手毬)    …

続きを読む

春の名残り馬見丘陵公園チューリップ*ブラキカム・姫小菊

半世紀以上続いている4婆との交流・・・ とうとう1婆が抜けるような状態になりました。 何時の日にか誰が先になるのか・・・と昨今は考えるように。 1婆は外出することが、時々気分がのらなくなりました。 残る友の誘いでお出かけ・・・ お出かけと言っても馬見丘陵公園。 公園館の前のハナミズキが満開です。 一人の女性から声をかけられました。 「入園料を支払うのですか…

続きを読む

スマホ乗り換え後の不安と憂鬱・・・対処の9日間、間覚え書きとして * 庭に残った花

4月20日(木) 漸く日常の気分になれました。 事の発端は長きにわたりお付き合いあせていただいた「AU by KDDI」のスマホ。 スマホにデジラアプリの更新をショップで行ってください・・・との連絡から始まります。 近くのAUショップに行き、更新を済ますと、何を思われたのか・・・ eo光への乗り換えの話を聞いてほしい・・・との依頼。 その場を丁寧にお断りして帰宅。 考えました・…

続きを読む

宇治黄檗山 萬福寺 * 南座公演 都をどり*

南座公演 ‘都をどり‘ のお誘いを受けて二つ返事で久しぶりの京都へ。 京阪電車を利用するので、久しぶりに宇治黄檗山 萬福寺へも。                               京阪黄檗駅から徒歩 5~6分 黄檗山 萬福寺 総門 総門から三門への石條 境内参道の縦横の石條 龍の背の鱗をモチーフ化したものだそうです。 三門へと…

続きを読む

馬見丘陵公園桜とチューリップ  * 箸尾堤防沿い桜並木

4月1日(月) 友からお誘いを受けて馬見丘陵公園の桜とチューリップのお花見。 空のブルーは桜の花をより華やかに映えて引き立ちます。 週末から開催されるチューリップフェアーに備えて準備されたチューリップの花々。 チューリップフェアの頃には最高のお花が見れることでしょう。 その頃には残念ですが桜の花は多分、散ってしまっていることでしょう。 …

続きを読む

寺田知世さんの個展*花冷えの西大寺

小雨で花冷えの中、仏婦のお仲間と寺田知世さんより 案内をいただいていた個展を拝見に近鉄百貨奈良店へ。 繊細な花々に感激。 馴染みのある花々の色遣いに驚き。 堪能させていただいた後、館内のレストランで昼食。 奈良に住まいしながら初めてとの友もおられたので、 会場から徒歩10分ほどの真言律宗総本山 西大寺へ。 東門から参道 西大寺創…

続きを読む