ハナサンショウ(花山椒) * ウド(独活)* ワラビ(蕨) * 庭のドイツスズラン等

珍しい山椒の花をいただきました。 山椒の木は雌雄異株なので、雄株と雌株に分けることができます。 雌株は春になると花を咲かせて果実をつけます。 花山椒として使用されるのは基本的には雄花だと知りました。 雌花も食用として使用できますが実がなるため ほとんど使用されることが無いいそうです。 自宅の庭で以前育てていたのはどうやら雌株のようです。 新芽や若葉は香りがよい吸い物煮物の青…

続きを読む

長福寺の八重サクラ・ギョイコイウ(御衣黄) ウコンザクラ(鬱金桜)

4月16日もしかして…長福寺の八重桜、見頃かも??? 友の車に便乗させていただいて・・・ 境内を囲うように植えられた枝垂れ桜・・・満開 ベニカナメモチ(紅要黐 )バラ科 カナメモチ属 の生垣と桜のコラボ  新芽の紅葉は、アントシアニン成分で葉が赤くなります。 本堂の甍 五色の仏旗が吹き流しのように・・・ 真宗大谷派 …

続きを読む

平城宮跡歴史公園 いざない館 橋本 征一 「癒やしの世界」

近鉄西大寺駅からタクシーで平城旧跡歴史公園へ 朱雀門広場下車 朱雀門平城宮跡の南方に位置する「朱雀門」。 朱雀門前の広場は、奈良時代の人々にとってかけがえのない祝祭の場でした。外国使節の送迎や、大勢の人たちが集う歌垣などが行われ、新年には天皇が門まで出向き、新年を祝うこともありました。「朱雀大路」と「二条大路」の復原整備により、往時の景観を彷彿させるひろば空間が復活して…

続きを読む

曹洞宗悟真寺枝垂れ桜 * 倉橋ため池ふれあい公園

内牧区民の森のソメイヨシノを後に・・・国道369号を東方向へ。 川を渡り、そのまま車一台が通れるほどの細い道を登って悟真寺に。 この道路が伊勢本海道と案内を聞いて少し驚きました。 曹洞宗 悟真寺へ    悟真寺は永享8年(1436一説には1451年)の開山と伝わる曹洞宗の寺院。 ご本尊は聖観音菩薩 7世紀の造像といわれる銅造誕生釈迦仏立像は国の重要文化財に…

続きを読む

穴場の桜 宇陀内牧区民の森 * 花まつり

法友のお誘いを受け御花見に。 宇陀方面のみ知らされていたので・・・何処だろ・・・。 全く聞いたことも無かった思いもよらない穴場への桜。 駐車スペースも少なく・・・本当に穴場なんだと・・・  内牧区民の森は、嶽神社周辺にもともと植えられていた杉や檜の大木が 台風で壊滅的な被害を受けた後、地元の人々の活動と寄付により ソメイヨシノ約500本の苗木を植栽して今の姿になった。…

続きを読む

名古屋城本丸御殿

本丸御殿は、尾張藩主の住居、藩の政庁として1615年(慶長20)に完成。1930年(昭和5)、天守閣と国宝第一号に指定、1945年、空襲焼失しました。その後、2009年(平成21)に工事に着手し第一級の史料をもとに復元工事を開始。2018年(平成30)、往時の姿を忠実に復元した優美な空間が完成しました。 復元された名古屋城本丸御殿は、千年先へ、語り継ぐために・・・ものづくりの技と知恵を…

続きを読む

名古屋城桜 二の丸庭園

4月2日(火) 連れ合い今年初めてのショートステイの日。 お迎えの方にお願いしてお出かけ。 八木9:29火の鳥で名古屋へ。 途中停車は「津」のみ 名古屋着  11:06 地下鉄を乗り継ぎ・・名古屋城へ。 二度と地下鉄へ乗る機会がないであろうと・・・友。 金シャチ横丁 ・・・春のお城まつりで賑わっいます。 東門への通路 …

続きを読む