ソテツ(蘇鉄)の花

7月20日(月)


  一昨日、九州北部、中国、四国、近畿、東海で続々と梅雨明けの発表がありました。


  近畿平年より3日早く、昨年より6日早いそうです。


  朝から照り付ける太陽が主役の季節になりました。



            庭に細葱のような葉っぱがぎっしり … 昨年小さな黒い種が落ちた場所です。


ハブランサス・ツビスパツス(別名 ハブランサス・アンダーソニー)  ヒガンバナ科 ゼフィランサス属 が咲き始めました。


画像


画像





      私の住まいする町の夏まつりです … 孫が小さい頃は楽しんで来てくれたのですが …


      自宅前の賑わいも老いた夫妻には普段と変わりがありません。 


       Nさんから教わった手作りソーラーライト … それとなしに門扉前に置いて風情を楽しみました。




画像画像





               ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………  




   先日浄照寺でのサロンの日、本堂前のソテツの雄株にまん丸い雄花が付いていることに気付きました。


   カメラを持っていなかったので、また後日なんて思って昨日の様子にビックリ!



   ソテツ(蘇鉄)は、恐竜時代に栄えた植物の生き残りで、名の由来は、枯れかかった時に


   鉄釘を打ち込むと蘇えることからだそうです。




画像画像



               10日にはこんな感じだったんです …  右の写真は蔵出しの写真です。



画像画像




               10日足らずでこの変貌 …  何と表現しましょう !

                                           

               トウモロコシ?はて何倍分の大きさでしょう。


               長さが70~80cm近くもある雄花が5~6本ニョキニョキ。

   


画像画像



                   こちらは太くて少し反っています。


                   花の付け根は黄色の花粉が堆く盛り上がって積もっています。                  



画像



       近寄ってみると硬い … マツボックリを大きく大きく長く引き伸ばしたような不思議な形です。


        一片一片にびっしり花粉がついています。



画像画像



               雄株のソテツから10m位離れた庫裏の近くに雌株があります。


               今年の雌株には花が見当たりません。


               もしかしてこの新芽のようなものが雌花になるのでしょうか … 違うよね。



画像画像



                     何年か前の蔵出しの同じソテツの樹の雌花です。


           受粉で雌花の付け根に親指の先ぐらいの大きさの赤い実がびっしり付くのです。



画像



画像






                   生き残りのための知恵を知ると驚きと納得することばかりです。





               ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………  



7月21日(木) 



          福祉給食お当番日 … スタミナタップリのご馳走です。


          * ご飯  スライスチーズ・細葱・ゆかりの混ぜご飯 … 反応が知りたいです。


          * 海老と烏賊のチリソース合え。


          * うなぎと牛蒡の柳川もどき。


          * 南瓜のお饅頭。



             牛蒡が少し硬めだったので来週は少し長く煮ましょう ・・・



画像





               ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………  




             午後からオカリナのお稽古日  ・・・  給食が終わって帰宅、泥縄で練習。


             そりゃ上手くならないよね。


             今日のお稽古、高音域の指使い … Ⅰオクターブ高い「ドレミファ」の練習。


             指が固まってしまって思うように音が出ません。


             「だんだん擦れる音が少なくなりました」との言葉ににったり   



                    

                空を見上げて、さあ!庭の樹に水をあげましょう  … 一雨欲しいです。      

この記事へのトラックバック