薄明 ・ 早朝の作業 ・ ワタ(綿)の実 ・ ポーチュラカ挿し芽

8月24日(水) 

 緩和病棟での毎週金曜日のティーサービスの他に、月1回水曜日に、違うメンバーで

 昼食後に行われる ティーサービスがあります。

 メンバーの2人が夏休みで急遽助っ人に入ることになりました。

 お花を活け替え、昼食後のティーサービスなので、時間的に早く終わります。


 この夏沢山実をつけてくれたトマトの枝が、枯れ始め見苦しくなってきたのです。

 小さな青いトマトが沢山ついていて忍びなかったのですが、余った時間を利用して抜くことにしました。



 ・・・・・・・・ が、気温35℃、猛烈な暑さに、流れ落ちる汗が目に入り、痛くて我慢できなくなりました。

 ・・・・・・・・ ということで、さっさと逃げ帰った次第です。


8月25日(木) 


朝、4:30 日の出が少し遅くなりまだ外は暗いですが、起床。

涼しい時間帯に昨日のやりかけの作業を終えるために、暑さの対策をととのえて出かけました。

奈良の日の出は5:25


                   病院近くから5:19 夜明け前の高峰山方向の朝焼け


画像


            
                            5:21 夜明け前


画像



                           5:24  京奈和道 の向うに朝焼け


画像



                      5:20   西南方向  二上山 ・ 葛城・金剛山系


画像



          日の出前病院に隣接する県健康づくりセンターの検診車も出番まで停車中。
 

画像



                  5:23   静まり返った緩和病棟 … テラスガーデン


画像



                     テラスガーデンの あざさ がまだ咲き続けています。



画像


                      早朝の あざさ と白い バイカモ の蕾です。


画像画像



                         綿の実 がこんなに大きくなりました。



画像


                     白い実の見た感じ綿のイメージを想像してふわふわ!

           驚いたのですが、実に硬いのです… 実が詰まってる?種が入っているからかなあ?


画像画像



                       枯花が残っている青い実。


画像



                          5:45  夜明けの緩和病棟


画像画像




                  フシミ(伏見)トウガラシ まだまだ収穫できています。


画像



     ペンタス アカネ科  クササンタンカ属(ペンタス属)      ジュランタ タカラヅカ  クマツヅラ科


画像画像



           赤いサントリー「純甘トマト」 ・ 薄皮イエローミニトマト「キラーズ」 を抜きました。

           抜いたプランターの土を耕し、摘み取ったポーチュラカを挿し芽にしました。

           とても夏に強い花なので2・3日すれば、挿し芽から開花してプランターが賑わいます。


画像画像



   弱ったベコニアを抜いてみると、なんと根切り虫がゴロゴロ … 驚いて用水路に水葬しましたよ。



                      6:18  蕾だったあさざの開花です。
          

画像画像




             6:25  日の出から1時間、緩和病棟に陽射しが眩く照り付け始めました。


画像画像



                テラスガーデンにも樹木の長い影が映っています。


画像



      早朝からの作業  … トマトを引き抜き、土を耕し、ポーチュラカ の挿し芽、

      弱ったベコニアを引き抜いて土を養い同じようにポーチュラカの挿し芽をして終了。
  
      この夏はこの作戦で乗り切るつもりです。


画像画像




        気温の上昇でプランターの夏の花が痛みやすくなりました。

        何とか朝夕散歩される患者さんやご家族のためにも、常にお花を維持したいものです。



        帰宅すると連れ合いが、汗だくの私の姿を不思議そうに眺めて  … 「朝から何事?」と。

        黙って出かけたので 「いえ、別に …」 で終わっておきました。



この記事へのトラックバック