手作り単念珠 * ツワブキ * 茶豆の枝豆

10月13日(木) 

 お寺のサロンの日を仏婦主催の門信徒のつどいが23日開催される準備に充てました。

 午前中に予定している手作り念珠の試作です。

            記載が残っている記録から15年前に同じように念珠を手作りしたようです。
 
            その念珠今も現役で普段に使っていても十分綺麗です。

      
    前回は京都で材料の調達をしたのですが、今回は長野のクレストビーズさんにお願いしました。

    親玉大小2種類で試作して、主玉の色見本を添えて送付くださいました。

    予算の関係で珠はすべてアクリルですが、組紐は正絹を用意いたしました。


          10日には、役員たちで、個々に親玉、2天玉、主玉を200組調えました。

          組紐にボンドを付け、乾燥して先を尖らせて、玉を通しやすくもしました。



画像



                  試作に会員が集まりました。

     ボンドで通しやすくなった組紐に主玉6個 ・2天玉1個 ・ 主玉19個 ・2 天玉1個

      主玉6個 計33個 が通りました。


      問題は親玉です… 組紐の先端に0.2mm?の針金を丁寧に巻き付け、T字型の穴に

      両方から通します。



画像



            最後にボサを通して紐を好きな形に編んで出来上がり。

            本番は23日の門信徒のつどいに会員さんと作ります。


画像




    親玉が最も大きく、念珠の中心的な玉です。

    阿弥陀仏如来、あるいは釈迦如来を象徴しているそうです … 大切に扱う意味がうかがえます。
          

    略式数珠の場合は2つの2天玉です(本来は四天王や四菩薩を象徴しています。)

    ボサ玉親玉と房をつなぐ玉で、略式数珠にのみに使います。




                 ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   



10月14日(金) 


「お花を届けられなくなったので、取りに来てください」 … との連絡をいただいてお花を受け取りに

ご自宅に伺いました。

抱き抱えるほどの多くのお花を準備くださいました。

緩和病棟のお花代が、随分助かっています。

                         まだまだ夏のお花も色濃く映えています。


画像



        今回初登場 キクザキセンダングサ(ウインターコスモス) キク科 センダングサ属


画像




       10年来、年1度アンティークオルゴールの音色を楽しませてくださるお方が訪問くださいました。


画像画像




ストリートオルガン * オルガネッタ *  シリンダーオルゴール * ディスクオルゴール * ペーパーオルゴール

等さりげなく置いてくださっていますが、とても高価なオルゴールです。

曲は誰でも口遊める曲が多く準備くださっています。


画像
画像
画像




              デザートは栄養科よりハローインをイメージして?パンプキンプリン。



             ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………  



               帰宅すると玄関脇に手提げ紙袋が置かれていました。

               中身を見て直ぐに誰かか分りました … 友人のYさんから連れ合いさんが

               丹精込めて作ってくださった茶豆の枝豆でした。



画像



       枝豆は、かつて枝付きのまま茹でて、「枝豆」と呼ばれてたのですってね。 

       茶豆は、独特の強い香りと、豊かな旨み、甘みが特徴です。

       乾燥茶豆は、少し茶色を帯びています。

       煮豆にしても旨味は抜群です … 連れ合いの好物なので早速茹でこぼしました。



                                   
 

                   玄関脇の ツワブキ キク科 ツワブキ属 が咲きはじめました。


画像画像




                     秋が深まったことを告げてくれています。


画像



     秋の深まりは ハナミズキ ミズキ科 ミズキ属の紅葉も … 今年は葉っぱが随分痛んでいます。

                                    新しいいのちのいとなみ … 小さな花芽です。


画像画像





                先日来花を楽しませてくれた ホトトギス に種子ができはじめました。



画像




                       晩秋には種子が乾燥して割れて落ちるようです。




この記事へのトラックバック