馬見丘陵公園 3種類のロウバイ * シナマンサク

1月5日(木) 

      暖かな日が続きます。

      宇陀市のお寺の坊守さまより今年もゆうパックが届きました。

      お鏡開きされたお餅が5K、法語カレンダー ・ カレンダーの法語に添えてくださる

      「心にひびくことば」の冊子 ・ 御堂さんの冊子まで … 有難く受け取りました。

      連れ合いも大好きなお餅なので小正月過ぎまで毎日いただきます。


画像



1月6日(金)  

  内科と整形外科の定期検診日、 予約時間の関係でお弁当を持参。

  11:30過ぎ緩和病棟へ移動、テラスガーデンのプランター花たちの手入れ等など。

  午後からお仲間が集まり、お花の活け替え、ティーサービス、第1金曜日はお琴の演奏にKさんが来棟。

  予定外のお仲間も応援に … そんなこんなで私は帰宅して、連れ合いの用事で大阪へ。

  普通電車のみの停車駅  「八戸の里」  1時間以上かかったのにはさずがにうんざり!
 
  急行停車駅の我が家の有り難さに気づいたことでした。



            ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   



1月7日(土) 

        小寒に入って寒さが厳しくなるころなのに、暖かな日が続きます。

        朝から雲の無い青空が広がっていますが、明日から下り坂との予報です。

        9:00過ぎ、定例会のため病院へ。

        10:00 定例会  看護副部長 ・ 緩和師長 ・事務局 出席 ・ 2月の予定打合せなど。

        看護副部長からの依頼で、ベット柵にカバーが欲しいとのこと。

  
        会議終了後、勿体ないような日和なので、依頼された生地探しを兼ねて馬見丘陵公園へ

        ウォーキングと決まり!

        用事の無い方のみ、2台の車に便乗して移動。

        手芸屋さんを3か所回って、ネットでもより良いものを探してみることに決まり。
 


            ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   


 
                    東駐車場から いにしえの丘へ。


            ロウバイの黄色とほのかな香りに何故だか早足になっています。

            友が蓑虫のようなロウバイの実を見て、「植えると育つかなあ!」


            採取してすぐに植えると春には発芽が期待できそうですが… 
 
            「断捨離中なのに、これ以上は止めましょう…」 そんな結論。



画像


                      ソシンロウバイ  ロウバイ科 ロウバイ属


                   鮮やかな黄色 … 花弁は名のとおり蝋細工のようです。


画像



       自宅玄関の切り花は満開になりました … 自然の中のソシンロウバイは2分咲きぐらい?

                 下向きに咲く花姿 … 香りと蕾で春をずっしり感じます。 


画像画像




                  マンゲツロウバイ    ロウバイ科 ロウバイ属


               ソシンロウバイより花弁の色が少し薄黄色  花の中心に紫褐色の輪が入り、
 
               「満月」と呼ぶ理由かも。


画像画像




                  ソシンロウバイより香りはやわらかいようです。


画像




               全体の3分咲きのように感じました … まだまだ楽しめそうです。


画像画像




                         ワロウバイ ロウバイ科 ロウバイ属

         
画像



             ロウバイの基本種で、花の中心部は暗紅紫色で花弁は少し細く、

            花冠全体はソシンロウバイなどに比べて少し小さく感じます。


画像画像



                友がいうには、「教えてもらわなかたら3種同じに思ってしまう。

                          よく見るとこんなに違うんや!」と。


                いにしえの丘の3種のロウバイ … また見に来たくなります。


画像




         ナガレ山古墳を通ると古墳の最上階に沢山の人の姿が見えます。

         風が無いので絶好の眺めが楽しめそうです。


画像



             工事中だったお気に入りの木道がピカピカの真っ新に仕上がていました。

                                     トキノキを囲う木の柵だってピカピカ!


画像画像



            秋に多く花を付けていた コブクザクラ バラ科 サクラ属
 
            花はとても小さくなり花数も随分少なくなっていましたが、 花を見付けて感激。


画像



               下池にはカモが  … 池の一角に集まる人・人カメラマンの集まりです。

 
               カワセミがこの池の近くで餌を捕るのを待っているとか… 大変なんだ!

   
画像画像



          車の友と中央エリアで南北に分かれて友は駐車場へ、私たちは北エリアへ向かいました。


          14:00過ぎ、駅に近くなって小さな黄色の花が目にとまります。

          シナマンサクの花弁が暖かな日和に待ちきれなかったのかも。

          他のマンサクに較べて花の咲く時期が早く、ほのかな甘い香リが。


画像


               シナマンサク 別名 キンロウバイ(金楼梅)  マンサク科 マンサク属


                 他の樹木に先駆けて「まず咲く」が名前の由来とか。

                 開花する少ない黄色い花は、きっと虫たちを引き寄せるのでしょうね。


画像



              毎年 不思議な形の花だなあと思いながら黄色の蕾に春の息吹を感じます。


画像




              シナマンサクが満開になるころ、再度ウォーキングに訪れてみましょう。

              梅林の梅も見ごろになるかも … サンシュユ ・ ボケ ・ ナガレ山古墳近くの

              アケボノアセビも満開になるかも。    


この記事へのトラックバック