アゲハチョウ(ナミアゲハ)雨宿り * ヤングコーンのひげ

7月7日(金)  

 どんよりした曇り空。

 お花の定期便がいただける連絡を受けていました。

 整形外科の予約日、少し早目の昼食を済ませてお宅に立ち寄らせていただきました。


画像




                    マサキ / スカシユリ  / アガパンサス 等々。



画像画像画像




               キキョウ / ガイラルディア  /  サンビタリア  /  ルトベキア  等など。



画像画像画像



                メンバーが持参くださったグラジオラスなども使って15か所に活けました。


画像画像




             第1金曜日はお琴の菊藤さんと尺八のお仲間が訪問くださいます。

             七夕飾りと菊藤さんの浴衣姿で、七夕コンサートのような雰囲気になりました。

             病棟リビング・病室でのティタイムは、冷たいコーヒーが繁昌しましたよ。



画像





                   ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   



                    部屋から雨の中庭の ツワブキ の葉に揺れるものが・・・・

                    蝶が雨宿りをしているようです。


画像

画像








                        そっと近づいてみました。

                        アゲハチョウ(ナミアゲハ) の雨宿りのようです。 


         ツワブキの葉の裏にチョウが止まっています。 

           チョウは、雨がふりはじめると、とぶのをやめて、木や草の葉っぱの裏側などに、

           雨にぬれないところに止まるようです。                            



画像



    5月初旬から蔓をフェンスに沿って伸ばして咲き始めまた、

     パッシフローラ・コンスタンスエリオット トケイソウ科 トケイソウ属

    日々5~8個の花を咲かせます。         

    沢山蕾を蓄えて咲いてくれますが、一日花なので見苦しい花殻を毎日取り除きます。 

    お彼岸頃まで咲き続けます。



画像



            時刻は2つと針の位置が同じものは有りません … 向きが違って咲くのですね。




            ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   



                      法友から沢山の野菜をいただきました。

                      畑から直行便 … 何と有り難いことでしょう。


          ベイナス ・ ナス ・ キュウリ ・ 完熟トマト ・ ニンニク ・ オクラ ・ ジャガイモ。

          ヤングコーン (フレッシュをいただくことはまずありません)
 



画像




          大きくなる前の小さい状態のトウモロコシを摘み取った幼果を、

          ヤングコーン 別名 ベビーコーン と 呼ぶのですね。

          ビタミンB1を多く含み、中の柔らかい皮と髭も食べることができるのです。



                   皮を剥いでいくと何故だか筍に似た香りがしました。

                   20分ほど塩茹でにして玉葱ドレッシングでいただきました。



画像




                   コーンとは程遠い淡竹(ハチク)のお味がしましたよ。 

                   調理の仕方が不味かったかなあ!




             ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   




7月5日(水)  


          橿原文化会館大ホールで開催された 第29回仏教大講演会に法友8名で参加。



画像

              開会式後 勤行




              トーク&ライブ

   12:25      「あなたもきっと繋がっている」 

               櫻 - sakura - さん
  
   13:40     仏教讃歌 アナンタ ・ ゴーシャ


 
   14:10     講演  「念仏者の生き方」

                  藤田 徹文師




             ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   


7月8日(土) 


           7月 浄照寺仏教講演会

                 講師  滋賀教区   鈴木 善隆師


                              御讃題  


     穢を捨て浄を欣ひ、行に迷ひ信に惑ひ、心昏く識寡く、悪重く障多きもの、
     ことに如来の発遣を仰ぎ、かならず最勝の直道に帰して、もつぱらこの行に奉へ、
     ただこの信を崇めよ。
     ああ、弘誓の強縁、多生にも値ひがたく、真実の浄信、億劫にも獲がたし。
     たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ。
     もしまたこのたび疑網に覆蔽せられば、かへつてまた曠劫を経歴せん。
     誠なるかな、摂取不捨の真言、超世希有の正法聞思して遅慮することなかれ。


                宿 縁    宿はいただきもの  … 縁 不思議 有り難くいただく。

                        縁  因縁生起   … 親の思い

                両親がいて私がここにいます … そのまた両親にも両親がいます …

                10代さかのぼると  親の数は     1,024 人

                     20代では         1,048,576 人

                     30代        1,073,741,824 人
                     
                                                        合掌



                   ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   




        今、 樋野 興夫(医学博士) 著 「いい人生は最後の5年で決まる」 今読み終わりました。
 
        一節に 「命とは与えられたもの。 この世を去る時そっとお返しする。」 

        そんなことばが 「宿」… いただきものにつながる想いでした。




この記事へのトラックバック