腕輪念珠試作 * とうとう拡大鏡の登場



      2週間ほど前、大和柿(渋柿)を吊るし柿にと友から少しいただきました。

      懐かしい柿なので、直ぐに皮を剥いてベランダに吊るしました。

      子どもの頃はこの小さな実の大和柿が渋柿の大部分を占めて、この時期には

      どちらのお宅の軒にも吊るし柿にしてぶら下っていました。


      丁度好い具合に仕上がったようなので、お味見を … 甘さが増して上出来でした。



画像



             こんなに美味しくなるのだったら、もう少しいただいても好かったかも!!



              ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………  




10月18日(木) 


         午後から仏婦役員で、腕輪念珠の試作のため集合。

         本堂が、別の行事で使用されていたので、御殿を会場に提供してくださったのです。


画像




          浄照寺の御殿は、江戸後期建築。

          京都在住のご門主や要人を迎える建物(対面所)として使用されていました。




画像



        明治10年(1877)2月10日、明治天皇行幸、畝傍山陵参拝のみぎり、ご休憩ご昼食。

        明治23年(1877)4月24日、昭憲皇太后行啓、ご宿泊所となる。

                                                案内より



画像




          南側擦り上げ障子の向こうには枯山水の庭園があります。

          御殿は庫裏や本堂から離れているのですが、そりゃ女性(特に婆)がこれだけ

          集まるのですから … 賑やかですよ。



          今回の腕輪念珠作成は、一番わかりやすくて安易な方法を何度か試作して、

          役員さんにお伝えしました。

          天然石の主玉の穴径は1.2mm … 0.2mmのテグス、極細針金でボサの細部から

          通し始めました。

          さすがは主婦です … のみこみが早く、すんなり試作完成。





                              ~~~~~     ~~~~~




                    紫金石で試作が完成  … 一番人気の石でした。

          映像は黒く映っていますが、紫かかった石に星屑がキラキラ光る美しい石です。


画像



                      腕輪念珠用のパーツです。


          左からボサ ・ 2天玉 ・ 親玉1cm ・ 腕輪念珠専門の1.0mmのゴム紐。

          普通のゴム紐と中のゴムや周りの布の巻き方 ・ 伸び方までも違います。

          8mmの主玉 ・ テグス又は極細針金。



画像画像




       ゴム紐の片方にボサが抜けないように玉を作り、テグスを揃えて2つに折り、もう片方の

       ゴム紐を固定します。

       ボサの細い方から通し親玉の穴「T」字の下から通しTの片方に抜きます。

       主玉4個、2天玉、を通します。


画像



       主玉13を通して2天玉、主玉4個を通して親玉の残った片方の「T」から下のボサへと

       通します。

       全体のゆるみを均等にして、最後はゴム紐を束ねて仕上げです。

       ゴム紐の束ね方が少々ややこしいのですが、ここもさすが長~~~い主婦業。


       いとも簡単に仕上がりました … 



画像



       11月18日の門信徒の集いに、会員さんや参拝者の腕輪念珠作りの、頼もしい助っ人に

       なってくださることでしょう。





              ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………  





10月21日(日) 

     昔々、毎月十六日浄照寺の門前市が開催されていた名残りで、町の地域活性化の

     一つとしてフリーマーケットや模擬店、イベントなどの催しが年に一度行なわれます。
       
                快晴に恵まれ、広場ではイベントの賑わいが聞えています。





             浄照寺山門 … 本瓦葺き、高麗門。

             伏見城の城門を領主が拝領して、これを下付されました。



             太鼓楼(了賢会館) … 本瓦葺二層。
           
              元来、長屋門と太鼓楼(番屋)は別棟であったが、明治頃に長屋門に移築。


画像




      フリーマーケットに人だかりのようです … 境内の抽選会場も賑わっていました。

      国中の小さな田舎町も生き残るため、商店も試行錯誤を重ねて集客を図る努力がされています。



              ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   



        試作品作りで老眼の進みを感じざるを得なくなりました。

        視力には自信があったのですが、寄る年波には逆らえません。

        御殿の昼白色の明かりの下、黒に近い紫金石1.2mmの穴に針金を通すのは、

        かなり厳しく感じました。

 
        そんなこんなで、何時かは・・・・・と購入を考えていた拡大鏡。

        思い切ってネット購入しました。


画像画像





                翌日届きました。

                メガネの上から使用するつもりだったのですが、度数が強すぎたようで、

                裸眼で試してみると   ・・・・  想像以上に大きくはっきり見えて凄いです!!!
 


画像



               拡大鏡をかけて鏡の前に立ちました … 一瞬 … 唖然 …

              
               これは何方?? 皺の数の多さ … その皺の深さ … 直ぐに外しました。


               何時かは …  その何時かがやってきました。

               1つ、また1つ 老いを認めざるを得なくなりました。

               寂しいことです。 




この記事へのトラックバック