近郊区間一筆書きの旅

2月28日(木) 

 2月上旬から「大阪近郊区間一筆書きの雪景色の旅」 … のはずだったのですが、

 湖北の天気予報や積雪情報を集めながら、日程調整を繰り返し、 二月堂お水取り行事の頃には、

 毎年寒波が到来のはず! …と思い通りにはなりません。

 「雪が無くても決行」 そんな声で雪景色を想像ということで、28日に決定。


      夜半からの雨は朝になっても止みません。


                      LR法隆寺駅で1区間160円の切符を購入。

                      法友10名御一行様の出発です。  



                      法隆寺  7:44  快速加茂行   加茂 8:11 乗換


 

画像



                        加茂    8:16  亀山行 の普通列車


画像



                      伊賀上野 伊賀鉄道乗換駅 
 
                       9:11  柘植乗換  

                       9:20  柘植発草津行  (草津線)


画像



                        10:08 草津 着 乗換
          


画像



                        10:22 草津  琵琶湖線乗換 米原まで

                        1車両は私たち10人の貸切状態。



画像




                   車窓の雨は止むことなく降り続いています。

                   近江平野の小麦畑グリーンが春を呼んでいます。


画像



                遠く積雪の息吹山が眺められるはずののですが …




                中央右  ブルーの屋根  滋賀県立安土城考古博物館
 

                滋賀県立安土城考古博物館  左側  安土城天主 信長の館



画像



         織田信長によって創建された高さ46mの木造高層建築の安土城と壁画を復元した博物館。

         内部の復元は迫力ありますよ。



                 10:55  米原着  金沢行 しらさぎが停車しています。
 


画像




画像










                       米原駅 ホーム   駅弁を買うために下車。



画像




                       珍しい駅舎、窓脇にレンガが嵌め込まれています。



画像




             今回は米原市醒ヶ井の鱒を使った、「井筒屋の元祖鱒寿し」とサンドイッチを求めました。

             鱒寿司は朱色を帯びた鱒の赤身が5切れ入っています。

             グリーンの山椒、わさびと醤油、ガリが入っています。


画像画像



            法友たちはおみやげに鱒寿司を買い求めて、売り場は売りきれ状態 …


            11:30 米原   長浜着  11:40 乗換  

            米原で8両もの車両が切り離され4両になっています。



            この間雪を被った伊吹山を見ることができるはずなのですが …

            車窓からは雨に煙った近くの山並みのみ。


            12:11  長浜  12:34  近江塩津

            長浜から近江塩津間で駅弁をいただきました。

            近江米の寿司飯との相性は抜群、今までいただいた鱒ずしの中のダントツでした。

       
            車窓から本来なら、雪景色を眺めながらの駅弁をいただくはずだったのですが・・・
   

画像



                   雨は降り続いて、靄った景色が続きます。


画像



                    余呉湖 別名「鏡湖」が見えてきます。



画像



                     天女の羽衣伝説なども残る神秘的な湖で、風のない日には、

                    湖面に風景が映り込み、鏡のような世界がるそうです。



画像



                終点 近江塩津12:34 着。

                近江塩津 12:40  湖西線 姫路行快速  乗車



                         車窓から比良山系の雪景色。


画像



         近江八景に「比良暮雪」という言葉があります。

         「比良暮雪」は、琵琶湖の西岸に沿って連なる比良山地が雪に覆われ、

         その美しき高峰が遠方から描かれています。

         広重の浮世絵などによって広く知られるようになりました。


         里では桜が咲いても、比良山には雪が残っており、夏になっても消えないことがある。

         こちらでは「暮雪」 … と呼んだのでしょうか。




画像



                 湖西線は琵琶湖湖畔を走行するので、車窓から湖岸が見えます。



画像


                      遠くに竹生島が煙って見えます。


画像



                 10名の法友のそれぞれのお話途切れることなく … 



画像





                 大阪まで2時間近くよくまあ … おしゃべりが続きました。

                 大阪着 14:28 環状線大和路快速で 王寺着 15:18 予定通りの時刻。


                 座れなかった区間は、最初に乗車した法隆寺駅から奈良までの10分間。

                 ゆったり座席確保しながらの車窓旅でした。

                 法友が王寺改札、160円の切符で通過できて感激!!

                 長い大阪近郊区間の冬の旅は終わりました。

                 法友10名 … ほっと一息。

                 熱いコーヒーが飲みたかったのですが、連れ合いが待っているので、

                 帰宅を急ぎました。





この記事へのトラックバック