久米寺の紫陽花散策

6月11日(火)  



半世紀来の友人4婆、月に1度ささやかなランチと散策に

出かけています。


今回は紫陽花のお寺久米寺へ散策のため、近くの橿原観光ホテル

レストランで日替わりランチ。



食後、徒歩5~6分、近鉄阿倍野線踏切に面して、

真言宗御室派 久米寺 北門。




画像



静かな北門から参道。



画像


右手に本堂



画像



観音堂の縁側で猫が気持ちよさそうに昼寝。


人馴れしているのでしょうね … 動こうとしません。




画像



鐘楼と久米仙人像




     伝説上の仙人。

             大和国の竜門寺にこもり空中飛行の術を体得したが、吉野川で衣を洗う

             女の白い脛(はぎ)に目がくらんで墜落。

             その女を妻として世俗に帰った。

             のち、遷都の際、木材の空中運搬に成功して天皇から田を賜り、

             久米寺を建立した。「今昔物語集」「徒然草」にみえる。






画像



久米寺の 多宝塔(重文) すぐ隣に以前塔が建っていた

「大塔礎石」があります。


その塔が失われてしまったため、1659年に京都・仁和寺より

移築されました



画像



久米寺本堂 ご本尊は薬師如来像をご安置。




画像



本堂は1663年に建立されたも。



画像




本堂右側に紫陽花園への入園受付。


400円を支払って園内へ。




画像


画像






あまり大きなクスノキだったので、樹齢をお訊ねしました。


こちらのクスノキ(楠木)は樹齢350年だそうです。




画像



直ぐに感じ取りました…  今年の紫陽花の花付の悪いことに。



画像




一重 カシワバアジサイ  スノークイーン





画像



画像





ヤマアジサイ種類すべての花付がいまいちです。




画像画像


画像画像






境内池をぐるっと紫陽花園になっているのですが、

今年はどうしたことでしょう  …  

蕾も少なく寂しい散策です。




画像



画像



小雨が止み、樹々の合間から差し込む陽が紫陽花を照らます。




画像

画像



零れ日の細い散策道を迷い道のようにつくられています。





画像

画像



一巡して多宝塔をまわるように散策道が続きます。



画像



蕾の少ないのが残念ですね … 「天候の影響です!」… 

と関係者のお方。

それだけでは無さそうにも感じましたが ・・・・




画像



重文多宝塔下の高台から …  

鐘楼近くのクスノキは 樹齢400年だと教わりました。



クスノキ(楠)   クスノキ科  クスノキ属


クスシ(薬師)と同様に、クスリノキ(薬木)から。




画像




重要文化財 多宝塔は、万治2年(1659年)京都・仁和寺より

移築されたそうです。


多分その頃に植えられたようですね。


クスノキの材は建材や仏壇、仏像、丸木舟などに利用され、

その耐久性の高さは、海中に立つ安芸の宮島(厳島神社)

の大鳥居を思い浮かべます。


法隆寺の救世観音像(夢殿)、百済観音像(大宝蔵院)、

中宮寺の弥勒菩薩半跏 像、法輪寺の虚空蔵菩薩立像などの仏像は、

いずれもクスノキの一本造りです。


再度樹齢400年のクスノキを見上げて溜息 … 

このクラスのクスノキ他にも何本か!!




         

この記事へのトラックバック