川面のケハギ(毛萩 五月雨萩 達磨萩) * シロハギ(白萩)


近くの用水路の径沿い、初夏の川面に揺れて咲いていた

ケハギ(毛萩)が再度、花を咲かせてくれました。


9月25日萩 2019-09-25 047.JPG




ケハギ(毛萩) マメ科 ハギ属 


別名、サミダレハギ(五月雨萩)とも呼ばれ、梅雨入り頃から咲き始まます。

今年の初夏は天候が不順で、花は色艶が無く水に揺られることはありませんでした。




9月25日萩 2019-09-25 052.JPG



人通りの少ないこの径は、萩とススキの見頃には癒しの場所になります。



9月25日萩 2019-09-25 011.JPG



近秋の用水路は豊かな流れで、萩やススキが川面の流れに揺れています。



9月25日萩 2019-09-25 008.JPG



ミヤギノハギ の変種で、茎や花序に細かい毛が生えています。

もしかしてケハギの名前の由来かも?

花は、枝先の葉腋から長い柄の総状花序を出し、紅紫色の蝶形となります。



9月25日萩 2019-09-25 024.JPG



野生のハギの中で最も花が大きいといわれ、葉はマルバハギ のように丸い形をしています。


9月25日萩 2019-09-25 025.JPG




樹勢が強く適応力もあり、やせた乾燥地でも耐え育ちます。


緩和病棟のテラスガーデンにも移植、花の少ない時期に癒しを添えてくれます。



9月25日萩 2019-09-25 013.JPG



別名 ダルマハギ(達磨萩)とも呼ばれ、葉が丸いのも特徴です。



9月25日萩 2019-09-25 019.JPG


秋の七草の筆頭にあげられ、万葉の花としても古くから親しまれているハギ(萩)。



    



シロハギ(白萩)は、白の清楚な花をたくさん咲かせます。

しなやかに枝垂れる樹形はしばらく楽しめます。


9月25日萩 2019-09-25 023.JPG



シロハギ マメ科 ハギ属  別名、シロバナハギ(白花萩)  ミヤギノハギ(宮城野萩) 

ニシキハギ(錦萩)の白花の栽培品種ともいわれています。



9月25日萩 2019-09-25 015.JPG




水辺で繁殖の勢いが強いので、年々径を狭く感じるようになりました。



9月25日萩 2019-09-25 017.JPG



水の流れに揺れる萩は何故だか見厭きない風情です。



9月25日萩 2019-09-25 030.JPG




9月25日萩 2019-09-25 033.JPG



径がますます細くなりました。



9月25日萩 2019-09-25 041.JPG



萩の開花が終わり初冬には根元から刈り取られると、元の径になります。



9月25日萩 2019-09-25 044.JPG



用水路の水に枝を垂らして浸かりながら揺れているシロハギ



9月25日萩 2019-09-25 056.JPG



9月25日萩 2019-09-25 057.JPG





9月25日萩 2019-09-25 012.JPG



萩は「生(は)え芽(き)」だとする説があるそうです。


毎年、春に必ず芽が生えてくることからきているとのことです。


かつては春に萩野原を焼き払うならわしがあり「萩の焼け原」を詠んだ和歌も。

春焼きし其日いつとも知らねども嵯峨野の小萩花さきにけり    宗尊 親王



この記事へのトラックバック