ラクウショウ (落羽松)紅葉* コブクサクラ(子福桜)


ラクウショウの紅葉が進んで落葉が盛んです。


2019_120112月1日馬見丘陵公0048.JPG


足元の枯れ葉の中からニョキニョキ ???  気根。


2019_120112月1日馬見丘陵公0049.JPG


ラクヨウショウ(落羽松) ・ 和名はヌマスギ(沼杉) ヒノキ科(またはスギ科)ヌマスギ属


2019_120112月1日馬見丘陵公0051.JPG


池を囲むように植えられています。

若芽の時期も好いですが、落葉の時期もまた趣があります。


2019_120112月1日馬見丘陵公0053.JPG



ラクウショウ は、幹の周りに呼吸のための呼吸根(気根)が出てくるそうです。

土中の酸素が不足するため、地上の酸素を吸収しようとする工夫らしいです。


2019_120112月1日馬見丘陵公0058.JPG


珍しい光景です … 散策には気をつけないとけつまづきますよ。


2019_120112月1日馬見丘陵公0059.JPG


初冬の上池周辺のラクヨウショウ樹林。



2019_120112月1日馬見丘陵公0060.JPG



あとわずかな日数で落葉が終り、枯れ枝のみになることでしょう


2019_120112月1日馬見丘陵公0061.JPG

2019_120112月1日馬見丘陵公0062.JPG

ラクウショウの果実

紅葉が落下し、果実が落下し、冬を越して春に ・・・ 

そんな営みの繰り返しが、できることを喜びながら・・・



2019_120112月1日馬見丘陵公0055.JPG


ラクヨウショウと向かい合うようにコブクサクラ(子福桜)が花を付けています。


2019_120112月1日馬見丘陵公0071.JPG


コブクサクラ(子福桜)・バラ科 サクラ属


2019_120112月1日馬見丘陵公0064.JPG


ユザクラの一種ですが、花一輪につき2~3個のサクランボがなるという珍しい桜。


2019_120112月1日馬見丘陵公0067.JPG


この花には雌しべが複数(1~8本)あることも、

子宝に恵まれたものとして「子福桜」と名付けられたとか。


馬見さくら 2019-12-01 003.JPG


 花は直径2~3センチほどの白い八重咲きで、ジュウガツザクラよりも一回りほど小さい。

 花弁の縁に切れ込みがあり、花弁の一部が薄ピンク色、時の経過で花の芯の部分が赤くなる。


馬見さくら 2019-12-01 004.JPG


春に咲く華やかな桜も好いですが、見過ごしてしまいそうに、そっと咲く桜もまた桜。

この場所のコブクサクラ、ほとんど気付かれず通り過ぎてしまわれます。 


2019_120112月1日馬見丘陵公0072.JPG



自然の樹木や花から癒しをいただいた自然セラピー、

いただいた癒しは「五感」を働かせるといいます。

自然の中で耳や目、鼻、手足、味覚の五感のアンテナを研ぎ澄ませて、

樹々の息吹や風の香りなどで、季節の経過と到来を感じることができます。

私の1番の苦手な季節、冬の到来です。

この記事へのトラックバック