国史跡唐古・鍵跡 唐古池のマガモ・年賀状

12月25日(水)

抜けるような青空と在暖かさにつられて行ってしまいました・・・


12月25日 2019-12-25 001.JPG


「大和まな」を求めに近場の道の駅 レスティ 唐古・鍵へ。


国史跡 唐古・鍵跡


2月4日鍵唐古遺跡 2019-02-05 060.JPG


2200年前に建っていた大型建造物の跡。


12月25日 2019-12-25 003.JPG


柱は欅材が使用され、一番太い柱は、直径83cmもあったとされています



12月25日 2019-12-25 004.JPG


水路跡


12月25日 2019-12-25 005.JPG




昨年修復復元された楼閣 … 楼閣の高さは12.5m。



12月25日 2019-12-25 006.JPG  12月25日 2019-12-25 012.JPG



復元された楼閣の最上階から眺める見学会にも参加しました。



12月25日 2019-12-25 009.JPG


4隅の不思議な渦巻き状の屋根飾りは太い、藤蔓でつくられています。


12月25日 2019-12-25 013.JPG


池の周りには桜が植えられていて、開花時期には見事な桜を愛でることができます。


楼閣の下で休む鴨


12月25日 2019-12-25 017.JPG

広い唐古池に静かに美しい波紋が ・・・・

12月25日 2019-12-25 018.JPG

マガモ

12月25日 2019-12-25 019.JPG


そばに近づこうとすると・・・


12月25日 2019-12-25 020.JPG



12月25日 2019-12-25 022.JPG



12月25日 2019-12-25 023.JPG


すっかり離れて遠くへ行ってしまいました。


12月25日 2019-12-25 024.JPG

藁で作ったアート ・・・来年の干支 「子」 

12月25日 2019-12-25 026.JPG


大和まなを求めて道の駅に行ったのですが、見つからず地産のお野菜を買い求めても戻りました。

メニューの変化で野菜の受容も随分変って来たのですね。懐かしい野菜が随分少なくなりました。



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………



3年前、連れ合い関係の年賀状を、失礼するような文面でお詫びをして投函しました。

今年は自身が非礼をお詫びする文面で、投函させていただきました。

次年度からは親戚関係のみになり、随分少なくなりました。

いよいよそんなことを、しなければならないような、歳を重ねたのですね。




   拙い日録をお付き合いくださいましたこと嬉しく思い感謝申し上げます。

   有り難うございました … くる年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。             

   それでは好い新年をお迎えくださいますよう。 


この記事へのトラックバック