春の香 土筆の卵とじ * 病棟リビング ひな祭り 「喫茶去」



屋外の軒下で冬越し出来たカランコエが開花し始めています。

長年屋外では冬越しが出来なく、今回が初めてなので驚いています。

言い換えれば暖冬だったのですね。

DSCF5814.JPG

カランコエ  ベンケイソウ科


DSCF5816.JPG DSCF5815.JPG



オキザリス パーシーカラー 最後の輝きのように感じます。


2020_0309セイヨウミザクラ30002.JPG

オキザリスモモノカガヤキ はすでに咲き終わっています。


2020_0309セイヨウミザクラ30004.JPG


タンチョウソウ(丹頂草) 別名 イワヤツデ(岩八手) ユキノシタ科  アセリフィラム属

時を忘れずに小さな芽吹きです。 


DSCF5781.JPG

花は季節を信じて咲きますよね。

白絹病から生き残った クリスマスローズ 2種類


DSCF5786.JPG

ざっと70個もの花を数えました。


DSCF5788.JPG

テイタテイト     ヒガンバナ科   スイセン属

も随分球根を抜いたのですが・・・


DSCF5792.JPG

小さな花から季節の変化をいただきます。


DSCF5791.JPG

 キララ キク科 オステオスペルマム属 

多くの蕾を蓄え開花がはじまっています。


DSCF5799.JPG

株を秋に大きく切戻しておいたのが良かったのかも。




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   


緩和病棟3月のイベントは、ひな祭り 筝と尺八の音とお抹茶のコラボ。


先日いただいた友の父上さまの遺品の書、

「禅語 喫茶去」の文字を思い出し、病棟リビングに掛けました。

お茶席の雰囲気を盛り上げてくれました。



3月8日 2020-03-06 002.JPG


茶席の禅語には 「まあ、お茶でもお飲みなさい」と解説されています。

禅語の本来の意味は「お茶でも飲んで去れ」あるいは「お茶でも飲んで来い」と叱咤する語で

「去」は意味を強める助字で、去るという意味はないそうです。

「お茶を一服如何ですか」とか「どうぞお茶でも召し上がれ」・・・と想いをこめて。



栄養科が準備くださった和菓子 練り切りのひな人形。

お抹茶のお手前、ボランティアがお接待させていただきました。


3月8日 2020-03-06 007.JPG

お琴と尺八の演奏 ・・・ 「春の海」 ・・・ 好い響きですね。



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………   

3月9日(火) 


子どものころ、祖母や母から「雨上りには土筆が沢山顔を出すよ。」…と。

そんなことばをふと、思い出しながら、雨が止んだので、

毎年刈り取るぐらいに土筆の上がる場所へ。

10分足らずで食卓に上がるだけの土筆を摘ませていただきました。


土筆1.jpg

早速、はかまを取り、茹でこぼして灰汁を取り、出汁と調味料で味付け。

仕上げに卵でとじました。


土筆2.jpg


春の香一ぱいの土筆の卵とじが夕食の食卓に並びました。

連れ合いの好きな春の香の煮物です。


残りは散らし寿司か?炊き込みご飯にしましょう。




この記事へのトラックバック