梅雨入りの庭 バイカウツギ ベルエトワール * シロハナホタルブクロ * アジサイ3種 * 八重咲きゼラニウム 「アップルブロッサム」

5月19日(水)

気象庁は「近畿地方は梅雨入りしたと見られます」と発表。

近畿地方では、平年より21日早く、昨年より25日早い梅雨入りで、

1951年の統計開始以来最も早いそうです。




梅雨入りした庭に例年より少し早めの開花

バイカウツギベルエトワール


5月17日 015.JPG


小さな小さな いのちです。  クロウリハムシ 花の蜜かなあ・・・


5月17日 021.JPG



ヒメマルカツオブシムシ ・・・ 水滴より小さい・・・


5月17日 017.JPG


バイカウツギ(梅花空木)ベルエトワール 

別名 日の丸バイカウツギ(梅花空木)、セイヨウウツギ ベル・エトワール


純白一重の大輪で、白い花弁の中心にワインレッドの目(ブロッチ)が入ります。


5月17日 043.JPG


辺り一面にあま~~~い香が漂います。


5月17日 047.JPG


中庭のホタルブクロが咲き始めました。


2021_0516梅花空木ベルエトワー0018.JPG



シロハナホタルブクロ(白花蛍袋) キキョウ科 ホタルブクロ属


別名 ツリガネソウ(釣鐘草)* チョウチンバナ(提灯花)*アメフリバナ 〔雨降り花〕


5月17日 024.JPG


山野草愛好家の友からいただいたお気に入りのお花。


鉢植から半日陰の中庭に移植しました。



5月17日 027.JPG



花冠は釣鐘形、先が浅く5裂し、白色。内面に薄紫の斑点があり、毛が密生しています。


5月17日 032.JPG


「蛍袋」「火垂る袋」「穂垂る袋」などと表記されます。


2021_05195月19日10006.JPG


花は穂状に数個、下向きについています。


5月17日 035.JPG



カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)が咲き始めました。



5月17日 048.JPG


あちらこちらにニョキニョキ 

アルストロメリア(ユリズイセン) ユリズイセン科   ユリズイセン属


2021_0516梅花空木ベルエトワー0007.JPG


カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) アジサイ科  アジサイ属(ハイドランジア属)



5月18日 004.JPG


雨粒の重みで花が耐えられなくなっています。


2021_05195月19日0008.JPG


日々の経過で花の色がもう少し白く変化します。

只今2~3分咲き


2021_05195月19日0018.JPG


       


四季咲き紫陽花  霧島の恵


「霧島の恵」は、ガクアジサイの仲間です。

3年前の9月ごろ秋咲きとして友からいただいたもの。

この品種は5月頃から開花を始め、

晩秋まで開花を続ける四季咲きのアジサイなのです。



あじさい1.jpg


一般的なアジサイの場合、花が終わった後すぐに翌年の花芽が作られます。

そのため、花後すぐに剪定をします。

霧島の恵は新しく伸びた枝に花芽をつけるため、剪定の時期を問いません。

開花が始まったら、花を楽しんだ後に花ガラを摘みます。

その後、また新しい枝が伸びて花を咲かせるのを繰り返します。

2021_0516梅花空木ベルエトワー0027.JPG


小さな可愛い花がお気に入り・・・ ソヨゴ 少し早い目の開花です。


2021_0516梅花空木ベルエトワー0021.JPG


ソヨゴ  モチノキ科  モチノキ属

黄緑色の新葉は、少し波打ちます。

風に揺れると葉と葉がこすれ、かさかさと独特の音を立てるからソヨゴ??

小さな小さな目立たない白い花が咲いています。

10月から11月に果実が赤く熟します


2021_0516梅花空木ベルエトワー0022.JPG



 八重咲きゼラニウム 「アップルブロッサム」 フウロソウ科 ペラルゴニウム属

   薔薇のような豪華な八重咲きのゼラニウムで、花房がきれいなボール状にまとまります。

     白い花弁の外側にピンクの縁取りが優しい花です。


2021_05195月19日0001.JPG


お気に入りで多くの花友さんにもらわれていきました。


2021_05195月19日0002.JPG


キョウカノコ(京鹿子)バラ科 シモツケソウ属 が色付き始めました。

  細かな花が集まって咲く様子が、京染め鹿の子絞りに似ていることから名付けられたようです。



2021_05195月19日0004.JPG


葉はモミジのように切れ込みが入り、先端は鋭く尖っています。


2021_05195月19日0007.JPG


紫陽花.gif


萼咲でも手毬咲きでもない ブーケ咲き 紫陽花 「佳澄」


5月18日 014.JPG



萼咲きでも手毬咲きでもないブーケ咲き



5月18日 008.JPG


開花が始まると、装飾花の方が先に開いていきます。


2021_05195月19日0014.JPG


両性花が開花すると、装飾花との差がなくなるため、まるでブーケのようになります。

そのため、「佳澄」はブーケ咲きと呼ばれるようになりました。

少し時間の経過が必要ですが、ブーケのようになる前の咲き始めの花姿も好いですね。



2021_05195月19日0015.JPG



この「佳澄」は通路面に植えているので、道行く興味のある人が、

声をかけてくださいます。

「素敵な紫陽花ですね・・通る度に見ています」・・・と。

挿し木されますか・・・と。

花が終わり・・・4~5人の方にお分けしました。

「お蔭さまで育ちました。」…と。

増殖販売するわけではないので加茂花菖蒲園さん許可なしで・・・ すみません。



雨降り.gif

近畿地方の21日も早い梅雨入りは、どうしても梅雨明けの時期が気になります・・・

過去の近畿地方の梅雨明け時期のデータを検索すると、

2021年の近畿地方の梅雨明けの時期は7月12日~7月26日くらいになる予想となっています。

2か月近い日々を鬱陶しい空模様で過ごすことになるのでしょうか・・・

その頃にはコロナウイルスのワクチンも順調に接種出来て

新規の感染者も少なくなっていることを願うばかりです。



この記事へのトラックバック