親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要 雅楽 舞楽特別公演



5月7日(日)

親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要 雅楽 舞楽特別公演


12:00~13:00


     本堂に向かって右側に 笙 篳篥 龍笛・和琴の演奏者 10名


2023_05075月7日報恩講10096.JPG


本堂に向かって左側・・・鞨鼓 太鼓 鉦鼓

狩衣 立烏帽子装束姿

奈良葛城楽所 雅游会


2023_05075月7日報恩講10097.JPG



舞い方の入堂

出演  芦屋女人舞楽 原笙会




2023_05075月7日報恩講10103.JPG



越天楽演奏に続いて

五節舞大歌(おせちのまいおおうた)



2023_05075月7日報恩講10110.JPG



舞姫は重厚な十二単姿、舞振りはゆったりとした趣あるものです。



2023_05075月7日報恩講10114.JPG



日本の雅楽では唯一、女性が演じる舞。

舞姫の装束は髪はおすべらかしにた十二単で、手には檜扇を持って舞います。



2023_05075月7日報恩講10117.JPG



大嘗祭や新嘗祭に行われる豊明節会で、大歌所の別当の指示の下、

大歌所の人が歌う大歌に合わせて、4 - 5人の舞姫によって舞われる。



2023_05075月7日報恩講10119.JPG


後ろ姿・・・かつらがとても重いそうです・。


2023_05075月7日報恩講10123.JPG





2023_05075月7日報恩講10126.JPG



「五節舞」は、天武天皇が吉野宮で琴を弾じたときに、

天女が降臨して袖を五度翻して舞った・・・

ことをもとにつくられたという伝説があります。

また、五穀豊穣を祝う舞であったともいわれています。



2023_05075月7日報恩講10132.JPG



2023_05075月7日報恩講10141.JPG




2023_05075月7日報恩講10146.JPG





2023_05075月7日報恩講10149.JPG



雅楽の女性が演じる唯一の舞を観覧させていただけました。



2023_05075月7日報恩講10151.JPG




2023_05075月7日報恩講10153.JPG


次の舞の間…雅楽演奏  


2023_05075月7日報恩講10100.JPG


陪 臚 (ばいろ)


2023_05075月7日報恩講10214.JPG



腰に太刀をつけ、盾と鉾を持っての登場。


2023_05075月7日報恩講10160.JPG





2023_05075月7日報恩講10163.JPG



古代インドの神話で仏教に帰依し善政をしいた

バイロチカーナ王の物語に由来するといわれています。


2023_05075月7日報恩講10164.JPG


「光明遍照」を意味するそうです。

阿弥陀仏の救いの光があまねく全世界に及んでいるということ。


2023_05075月7日報恩講10166.JPG



戦いの曲「陪臚」とも、古来より戦勝祈願の曲と伝わっています。


2023_05075月7日報恩講10169.JPG



我が国に来朝した林邑国の婆羅門僧正が伝えたといいます。 


2023_05075月7日報恩講10171.JPG



聖徳太子は、仏教に反対する物部氏を討つ時、

四天王(持国天、増長天、広目天、毘沙門天)を祀り、

出陣前に「陪臚」を演奏して、物部守屋の陣を破ったと伝えられています。



2023_05075月7日報恩講10171.JPG



2023_05075月7日報恩講10170.JPG



武人姿の舞い方が太刀と盾を床に置き、華麗な舞が繰り広げられます。


2023_05075月7日報恩講10174.JPG


近くでは観覧させていただくと・・・衣擦れの音を感じます。


2023_05075月7日報恩講10176.JPG


舞い方の手は、「刀印(剣印)」という、チョキの手で伸ばした指を

くっつけた形をとります。

チョキの指先がとて美しく凛々しく感じました。



2023_05075月7日報恩講10184.JPG



太刀は置いても、心には刀を持ってる・・・・そんな感じでしょうか。


2023_05075月7日報恩講10189.JPG



2023_05075月7日報恩講10194.JPG


  源八幡太郎義家も出陣の度にこの曲を演奏し、

七回繰り返した時に舎毛なる音が聞こえると、

必ず戦に勝ったと言われていたそうです。



2023_05075月7日報恩講10198.JPG




2023_05075月7日報恩講10204.JPG



2023_05075月7日報恩講10208.JPG


12:00か開演された雅楽 舞楽公演も終わりに近づきました。

舞人が退堂され照明が落とされると、

間近で観覧させていただいた1時間は癒しの時間に変わっていました。



大切な報恩講法要

親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要が

浄照寺に於いて2日にわたって勤修されました。

合掌礼拝