奈良県立美術館 富本憲吉展 * 庭の小さな秋


近畿を横断した台風7号後から随分日にちが経ってしまいました。

書きかけては他の事に追われ・・・

覚え書きに残しておきます。

友と、奈良県立美術館 開館50周年記念展

企画展 富本憲吉展のこれまでとこれから・・・




DSCF1944.JPG



美術館前にマスコットが「せんとくん」がお出迎え



DSCF1932.JPG



色絵金銀彩羊歯文八角飾箱》1959年、国立工芸館蔵、

案内板



DSCF1939.JPG


平城遷都1300年祭のマスコットの名称が「せんとくん」に決定して、

賛否両論、色んな意見がありましたが…15年の歳月経過は・・

すっかり違和感が無くなり可愛く感じます。


DSCF1937.JPG


奈良県立美術館前・・・

65歳以上は無料で拝観できます。


DSCF1941.JPG





DSCF1931.JPG



開館記念展から半世紀、改めて振り返る巨匠・富本憲吉の生涯と県立美術館の歩み。

展示品は‥‥何と180点


DSCF1935.JPG


色絵金銀彩四弁花文飾壺

印象に残っています。


DSCF1933.JPG



ゆったりと2時間かけて観覧させていただきまいした。

安堵村の記念館の何十倍の作品を今回は観覧させていただきました。


閉館間近な12年前に連れ合いと訪ねています。



2023_08242023年8月8日松ぼっくり.JPG



奈良県庁北側に隣接する県立美術館 ・・・

通路には台風の爪痕・・・松の木等の枝が無数に散乱・・・

特に松ぼっくりが公園内に落下・・・

つい・・・手に取って連れ帰って玄関に・・・



   


花の少なくなった庭に小さな秋の気配



2023_08252023年8月825ni0006.JPG


ノボタン(シコンノボタン) ノボタン科  シコンノボタン属 暑さに負けません


2023_08252023年8月825ni0010.JPG


ジュズサンゴ(数珠珊瑚)ヤマゴボウ科 リヴィナ属


2023_08252023年8月825ni0002.JPG


  白い花の後に、小さな可愛い赤い実をつけます。

2023_08252023年8月825ni0004.JPG



名前は、実が数珠のように連なることに由来します。


シュウメイギク(秋名菊)キンポウゲ科 イチリンソウ属



2023_08252023年8月825ni0011.JPG


蕾が随分膨らんできました。・・・花から秋の気配をいただきます。


2023_08252023年8月825ni0012.JPG


旬外れに夏さに痛めつけられたサクラランの枝に蕾を見つけました。


2023_08252023年8月825ni0013.JPG


サクララン(桜欄)ホヤ 

 ガガイモ科  サクララン属(ホヤ属)

2023_08252023年8月825ni0015.JPG


確実にちいさな秋が近づいています。

花は秋を信じて咲いて教えてくれます。