馬見丘陵公園 カワズザクラ(河津桜)カンヒザクラ(寒緋桜)コヒガンザクラ(小彼岸桜)・サンシュユ(山茱萸)

馬見丘陵公園の河津桜が見頃と聞いてお出かけしました。 年々という言葉が近頃は月々に変わりつつあります。 そんなこんなでご縁のある時は喜んでお出かけするようになりました。 はるまちの丘からの眺め 満開という言葉がぴったり・・・・河津桜の満開です。 お昼をお花の下で楽しんでおられるご家族など・・・さまざま。 巣山古墳を中心とする南エリア…

続きを読む

奈良国立博物館  特別展 聖林寺国宝十一面観音菩薩像

急な暖かさで蕾だった樹々の花が一斉に開花が始まっています。 友と奈良国立博物館 「特別展 聖林寺国宝十一面観音菩薩 」展へ。 博物館前枝垂れ桜で名高い氷室神社。 四脚門横の樹齢百年を迎える老木といわれていたエドヒガン系枝垂れ桜。  「奈良一番ザクラ」とも呼ばれ、春の訪れを告げるシンボルだったのです。 以前から樹勢が衰えてきているのが気がかりでした。 とうとうこ…

続きを読む

「近畿年賀状を出そう!!キャンペーン」 応募当選 ・ ノリコボシツバキ

昨年暮、親戚のみの年賀状を購入時、 「近畿 年賀状を出そう!!キャンペーン」の応募用紙をいただいたのです。 当選には縁はないのですが、切手が余っている理由でで応募したようです。 そんなことなどすっかり忘れていたのに・・・・ 箱詰めが届いたのです。 意味不明のまま開いてみてもまだ気付きません。 すっかり年賀状??? 何て気抜けした時期ですから・・・ 当選おめでとうございま…

続きを読む

明日香村 牽牛子塚古墳一般公開見学

明日香村 牽牛子塚古墳(けんごしづかこふん)の整備完了して 6日から一般公開をニュースで知りました。 12年前牽牛子塚古墳発掘調査で八角形の古墳と分かり、 大化の改新で知られる中大兄皇子(天智天皇)の母、 斉明天皇の墓と有力視され、当時連れ合いと見学会に出かけました。 その後4年の歳月をかけて復元工事が完了したのです。 墳丘は高さ約5メートル、対辺の長さが約22…

続きを読む

桂離宮参観

2月25日(金) 1月初旬にネットで3か月先の桂離宮の桜・仙洞御所の藤の見頃に合わせて 参観の申し込みを試みたのですが、コロナの影響で参観者人数の制限で、 すでに満席でした。 仕方なしに空いている2月25日 11:00に桂離宮参観の予約を入れました。 「1月9日、抽選の結果、ご希望の日時にて参観が「許可」されましたのでご連絡いたします。 当日は全員についてご本人であることを確認できる…

続きを読む

たそがれ期に気掛かりだった小さな庭のこと

新型コロナウイルスのオミクロン株による感染急拡大で、連れ合いが通うデイケア施設も、 複数の職員が濃厚接触者なり、1週間の中止となり自宅介護の現場にも影響が及んでいます。 予約受診での病院も医療従事者及び入院患者の感染が確認され。 新規患者の外来診療が停止になっていました。 今までそれほど感じていなかった危機感を身に受けた昨今です。 東側の玄関先に小さな庭があり、ハナ…

続きを読む

大阪近郊区間一筆書き雪見の旅 ・ 柚子ピールと干し大根ハリハリ漬け

大阪近郊区間を利用して一筆書きの雪見の旅に・・・ 昨年度は暖冬とコロナ禍でタイミングに恵まれませんでした。 出発は大和路線 法隆寺から加茂へ 加茂で関西線に乗り換え・・・笠置駅で早々の雪景色。 雪化粧のキャンプ場・・・何故だか冬のキャンプが賑わっています。 車にテント・・・寒いのにねえ!! 柘植から草津線で草津まで ・・・ 車窓からは念願の雪景色。 車内は婆たちの貸…

続きを読む

長谷寺の冬牡丹

空はどんより雪雲に覆われています。 桜井税務所で確定申告の予約を入れていたので、 少し足を延ばして長谷寺の冬牡丹を見たいと想いで 友に声がけしてお付き合いしていただきました。 長谷寺仁王門 長谷寺の総門 仁王門を潜ると登廊 登廊の左右に鮮やかな冬牡丹 薄っすらと屋根に雪が残る登廊横、 寒さの中薦被り冬牡丹が愛おしく思います。 …

続きを読む

レッドキウイ ・ 奈良国立博物館 名画の殿堂 藤田美術館展

1月9日 (日) 遅ればせながら謹んで新年のお慶び申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 再び全国で8480人の感染が発表されています。 一日の新たな感染者が8000人を上回るのは、去年9月11日以来です。 連れ合いと自身にも2月1日・15日に3回目のワクチン接種の案内が届きました。 そんな中、3日息子の家族が訪ねてくれました。 リビングで仮寝…

続きを読む

寺田知世さんの個展へ 奈良公園

昨年はコロナ禍の事情で参加できなかった寺田知世さんの個展、 奈良市上三条町の「アートスペース 上三条」へ。 今年は法友とお出かけしました。 奈良県庁への登大路 奈良公園の色褪せた紅葉と落ち葉の絨毯 観光客の疎らな公園  鹿の群れ 興福寺境内も静寂  国宝 五重塔 東金堂 興福寺中金堂 興福寺南円堂 重文 …

続きを読む

北野天満宮御土居の紅葉

北野天満宮は天神信仰発祥の地、12000社もある全国天満宮・天神社の総本社。 北野天満宮「御土居」 桃山時代に豊臣秀吉公は洛中洛外の境界、水防のための築いた土塁・・・「御土居」。 その一部が残る境内の西側一帯は史跡として指定され、 現在、約350本の紅葉を有する名所「もみじ苑」となっています。 北野天満宮の御土居(土塁)は原型に最も近く、脇を流れる紙屋川の水面に映え、 川の石積み…

続きを読む

京都北野天満宮 * 上七軒通り

11月29日(月) 以前から北野天満宮「御土居の紅葉苑」へ行ってみたいと思っていたのですが、 今回そのご縁に恵まれました。 京都駅からタクシーで北野天満宮東門へ続く「上七軒」散策の入り口で下車。 上七軒(かみしちけん)とは、京都市上京区真盛町から社家長屋町に位置する花街です。 地元の住民は「かみひちけん」と発音します。 室町時代に北野天満宮の再建の際に残った機材を…

続きを読む

五十鈴川の紅葉 ・ 伊勢神宮内宮

11月25日(木) 短い時間でしたが、伊勢内宮五十鈴川紅葉散策の時間に恵まれました。 宇治橋から眺めた河原にたった1本咲き誇る桜 シキザクラ(四季桜) マメザクラとエドヒガンの種間雑種 秋と春の二季に咲くので ニキザクラ(二季桜)とも。 四季桜は秋がメインなので紅葉とのコラボが素敵です。 手入れの行き届いた参道の松並み …

続きを読む

コウテイダリア  馬見丘陵公園の紅葉

11月29日(金) 友の新車に便乗させてもらった3婆たち、細やかなランチの後、 散策におあつらえ向きの小春日和に恵まれました。 首が怠くなるほど見上げないと・・・ コウテイダリア(皇帝ダリア)日本では学名を訳 キク科 ダリア属 コダチダリア(木立ダリア)キダチダリアと呼ばれることも 高さ8-10メートルになるダリア属の種で、メキシコ、中…

続きを読む

江戸柿で干し柿を作る

11月3日(水) 友から吊るし柿にと大きな江戸柿(渋)をいただいた。 例年のことですが・・・昨年は何故だか実が生らなかったそうでパス。 皮を剝いて熱湯にくぐらせました。 大きな鍋に大きな江戸柿はたった3個しか入りません。 江戸柿は、奈良県特産の釣鐘型の渋柿です。 干し柿用ですが渋抜き処理をして熟した果肉は、柔らかく甘みも格別です。 そのまま食べる…

続きを読む

マユハケオモト(眉刷毛万年青)(ハエマンサス) * マコモダケ(真菰筍)

夏場庭の手水鉢で休眠するマユハケオモト(眉刷毛万年青) 蕾の現われるのを今か?今かと・・・ ええええ!!!いつの間にか3輪がニョキニョキ。 マユハケオモト(眉刷毛万年青)(ハエマンサス) ヒガンバナ科・ハエマンサス属 花茎頂に葱坊主を思わせる花をつけます。 葯は、黄色。白い花糸が伸びると丸い刷毛のイメージに近づきます。 花の中を覗いてみると、ぎ…

続きを読む

なばなの里 花ひろば (コスモス・ダリア)・オオオニバス(大鬼蓮)

なばなの里ベコニアガーデン、「見返りの花」から眺めた美しさの余韻を残しながら退出。 残り時間で、花の広場散策へ向かいます。 散策道に目の覚めるようなグリーンと真紅の2色のコリウスが出迎えてくれました。 広大なお花の花壇、約43,000㎡の「花ひろば」に150万本のコスモス、 約200種8,000株のダリアが咲く、この季節ならではのイベントと案内されています…

続きを読む

なばなの里 ベコニアガーデン 見返りの花

近鉄八木から特急 1時間30分 近鉄桑名  桑名からなばなの里 直通バスにて。 なばなの里   ベコニアガーデンへの散策道 散策道一面に夏咲きのお花がまだまだ健在でした。 白い可憐な ユーホルビア グラマー トウダイグサ科 一面に咲き誇るさまは感嘆詞の連続です。 ベコニアガーデン前の水連池 「睡蓮」は、夕方になると眠る(睡る)よう…

続きを読む

馬見丘陵公園 コキア (ホウキギ・ホウキソウ) ・ ダリア ・ ゴヨウアケビ(五葉木通・五葉通草)

低い雲が垂れ下がって、今にも雨粒が落ちてきそうな雰囲気です。 地元のニュースでコキアの様子を知って・・・友と短い時間で散策に。 コロナ禍ではこちらでも全てのイベントが、御多分に漏れず中止になっています。 生きの長いお花ジニアの多種類が健在です。 コキアの紅葉に合うのは今回が初めて。 こちらは少し色褪せています。 …

続きを読む

シロクジャク(白孔雀)ルリマツリ(瑠璃茉莉)シュウメイギク(秋明菊)

9月29日(水) 雨の後、ほんの少し秋が深まった気配を感じます。 朝夕の風が心地よくなりました。 小さな庭の手入れも少しづづやり辛く感じるようになりました。 そんなこんなで中庭を残して、全ての樹や庭石など撤去して 手入れのしなくても好い庭に切り替えようと、 この庭を造ってくださった造園屋さんにリホームをお願いしました。 少しづつ、少しづつ自身でできる終活の準備に取り掛かっています。…

続きを読む

シロバナマンジュシャゲ(白花曼殊沙華) *ヒガンバナ(彼岸花 )*イチョウ(銀杏 )* イチョウのまな板

朝夕、随分過ごしやすくなりました。 庭にも秋の気配が・・・シロバナマンジュシャゲ (リコリス)(白花曼珠沙華)・  ゼフィランサス タマスダレが一気に開花しています。 シロバナマンジュシャゲ(リコリス)(白花曼珠沙華 ) ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 一気にニョキニョキ 秋の彼岸の入り・・・ 季節は忘れないのですね。 裏の児童公園、用…

続きを読む

特別展 奈良博三昧 ~ 至高の仏教美術コレクション~  奈良国立博物館

9月10日(金) 朝、連れ合いを見送った後、奈良国立博物館へ。 昼食を奈良県庁で済ませて、「特別展 奈良博三昧」 至高の仏教美術コレクション会場へ。 奈良国立博物館前、当別展「奈良博三昧」 特別展「奈良博三昧―至高の仏教美術コレクション」会期中いつでも、 展示しているすべての作品や解説パネル、展示室内の風景などを撮影することができます。 ご観覧の思い出としてお楽…

続きを読む

月下美人 * 珍しい里芋の花

9月11日(土) 今年もまた福栄寺住職さまから神秘的な美しい花姿を持つ 月下美人の写真を送付いただきました。 9月に入り少し朝が涼しくなってきました。コロナは相変わらずですが皆様いかがお過ごしでしょうか? だいたいはワクチン済んでいる方が多いと思いますが、(私のお連れですから年齢的に順番が早い片が多いので)  今年初めて月下美人が咲きました。お送りします。ひとときの癒やしにで…

続きを読む

小さな秋

9月6日(月) 日々の暮らしの中で時間の経過の早さに唖然としています。 リホーム後の整理整頓が落ち着き、ゆったり車椅子の通路が確保できました。 2階へ続くリフトにもスムーズに・・・ 2階のリフトから車椅子に移る場所を広くするため、 納戸のタンスを一竿断捨離決断・・・・粗大ごみの回収券を購入して役所に依頼。 衣類などなど4袋断捨離。 そのための時間を費やしてしまいました。 …

続きを読む

覚え書き キッチンリホーム ・ ノボタン(野牡丹) ・ ジュズサンゴ(数珠珊瑚)

8月13日(金) リホームが終了して普段の生活に戻りつつ、 新しいシステム収納に食器などの移動もほぼ終わりました。 覚え書きとして記して残しておこう思います。 2021年7月22日(木)・23日(金) 気温36℃ キッチン食器棚、システムキッチンの食器、調理機などの移動。 7月24日(土)旭化成リホーム工事担当者4名で解体。 キッチン撤去・その他撤去 7月26日(…

続きを読む

藤原旧跡 キバナコスモス(黄花秋桜)

藤原旧跡約7,000平方メートルの敷地に11種類のハスの花、 隣接してキバナコスモス(黄花秋桜)が楽しめます。 キバナコスモス(黄花秋桜)が見頃をむかえていました。 大和三山  畝傍山  後方に葛城金剛山系 旧跡の広大な敷地の場所には、約25,000㎡、春には桜と250万本の菜の花、 秋になると約30,000平…

続きを読む

藤原京跡の蓮花

7月17日(土) 梅雨明けも間近といわれている朝、昨夜まで降り続いていた雨が止み、 分厚い雲が次々足早に過ぎ去って蒸し暑さが増しています。 少しの時間をやり繰りして藤原宮跡の蓮見を楽しませていただきました。 低い雲が走る藤原旧跡 約1300年前に中国の都城を参考して造営された日本で初めての本格的な都です。 藤原京の大きさは、南北約4.8km、東西約5.…

続きを読む

梅雨の庭 アゲハチョウ・ベニバナサワキキョウ(紅花沢桔梗)・ハツユキカヅラ(初雪葛)クサハナビ(草花火)

7月10日(土) 何故だか日々の雑用に追われ、パソコンを開く時間が少なくなり、 必要不可欠のみの連絡事柄に費やしてしまいます。 旭化成工事関係者との詳細日程説明を受け、少しづづリホーム準備モードに。 7月の不燃物収集に間に合うように、断捨離食器類や鍋の選定などなど。 大皿や大鉢系統、何種類かの土鍋もこの際処分し、必要最低限までに絞ってみました。 まだ迷い箱に残されたものも少々。 …

続きを読む

歯応え抜群が変わらないカリカリ自家製きゅうりのきゅうちゃん漬け

6月27日(日) キッチン、リビングリホームの工事日(1ヶ月先)が決まり、断捨離の準備に取り掛かりました。 住まいする地域の粗大ごみは、1件に300円のシールを購入・・・ 予約を入れて収集していただきます。 まず2枚の券を購入、ファクス台と小物入れを断捨離。 連れ合いの介護をしながら・・・少しづづ少しづつ・・・範囲を狭めながら 妹の菜園でのキュウリ、友人3人よりい…

続きを読む

コロナワクチン2回目接種終了

6月18日(土) 梅雨の中休みからしとしと雨の梅雨空に逆戻り。 少し肌寒さを感じる気温になっています。 コロナワクチンの2度目の接種が終わって1週間経過。 1回目と同じように午後、タクシーで会場へ。 今回の事前問診は少し時間をかけて丁寧な聞き取りでした。 接種は前回は左手、今回は右手上部。 接種当日特に問題なく、少々腕の傷みのみでした。 接種2日目、2回目は、倦怠感が強く朝起…

続きを読む

幻想的な蛍の乱舞

6月9日(木) 梅雨の中休みのからりとした晴天。 福栄寺の住職さまより送付いただいた蛍の乱舞を感激しながら 明日香村稲渕での蛍観賞を想い出しながら・・・・ 澄んだ空気、豊かな緑、そして美しい水・・・。 こんな条件が揃ってこそ見ることのできる蛍は、 恵まれた自然にのみに与えられた魅惑場所の夏景色ですね。      時間の経過が有り蛍の出具合が見れ…

続きを読む

初蛍 雀の親子の絆

5月31日 (月) 福栄寺住職さまより初蛍の便りをいただきました。 今年も蛍の季節がやってきました。 行きたいところ、見てみたいところ色々有るんですけど腰が重くなりました。例年の近くは取りあえず走りました。撮り初めに一枚ですがご笑覧下さい。今年は良いのが撮れるかな? 2021.05.29 20時半頃 撮影 コロナ、コロナと騒いでいるうちに大切な自然界の美しい訪れを…

続きを読む

コロナワクチン1回目接種 * ヒべリカム ゴールドフォーム * ルリヤナギ(瑠璃柳)*ブーケ咲紫陽花「佳澄」

5月22日(土)町の新型コロナウイルスワクチン接種推進班より案内があった時刻 14:30 タクシーを少し早めに予約をして会場へ。 連れ合いの同行で体験済みなので・・・不安は無し。 梅雨の僅かな晴れ間の庭 ヒベリカムゴールドフォームが開花し始めました。 ヒベリカムゴールドフォーム オトギリソウ科・オトギリソウ属 刈り込んだコーナーは今…

続きを読む

梅雨入りの庭 バイカウツギ ベルエトワール * シロハナホタルブクロ * アジサイ3種 * 八重咲きゼラニウム 「アップルブロッサム」

5月19日(水) 気象庁は「近畿地方は梅雨入りしたと見られます」と発表。 近畿地方では、平年より21日早く、昨年より25日早い梅雨入りで、 1951年の統計開始以来最も早いそうです。 梅雨入りした庭に例年より少し早めの開花 バイカウツギベルエトワール 小さな小さな いのちです。  クロウリハムシ 花の蜜かなあ・・・ ヒメマルカツオブシムシ ・…

続きを読む

愈々 第1回目のコロナワクチン接種(連れ合い)に同行

5月11日(火) 町役場新型コロナウイルスワクチン接種推進班より届いた接種券を持参して 14:40予約していたタクシーにて連れ合いのワクチン接種に同行。 会場は中央体育館・・・  集団接種会場(中央体育館)  広報より引用   2回のワクチン接種推進班の集団接種に向けたシミュレーションを中央体育館で実施しました。 実際の接種担当者の医師、看護師、事務職員など…

続きを読む

松柏美術館 上村淳之米寿記念 上村松園・松篁・敦之三代展 ~日本画の行方~

久しぶりの松柏美術館です。 駐車場の藤棚はすでに満開を過ぎ藤の花が・・・ 美術館入口・・・旧佐伯邸の庭 美術館前の大渕池 美術館への通路(旧佐伯邸) 「旧佐伯邸」敷地内に美術館・・・ 近畿日本鉄道の社長を20年以上に渡って務め(後に名誉会長)。 近鉄を日本一営業キロは501.1キロの私鉄へと押し上げ、晩年を過ごした邸宅。 …

続きを読む

タニウツギ(谷空木)* ベニウツギ(紅空木)* ヒトツバタゴ(一つ葉田子)ナンジャモンジャの花

報恩講法要が中止になり、友とナンジャモンジャの花を愛でに。 馬見丘陵公園・・・公園館から結の広場へ。 新緑の間から薄ピンクの タニウツギ タニウツギ(谷空木) ベニウツギ(紅空木) {タウエバナ(田植花) サオトメウツギ(早乙女空木)} スイカズラ科 タニウツギ属 日本の固有種。 ベニウツギ(紅空木) 花色を濃くしたタニウツギの園芸種…

続きを読む

バビアナ・ストリクタ(ホソザキアヤメ)* トリトニア * 奈良県緊急対処措置

新型コロナ“第4波”  奈良県も感染者が急増しています。 感染拡大防止のため、「奈良県緊急対処措置」の方針のもと お寺の大切な行事 5月1日2日の報恩講法要も急遽中止になり、 連絡網を活用して中止の案内をお知らせしています。    友が自宅の庭で育てたバラの花をくださった。 庭の 安曇野クレマチス ・・・切り戻し過ぎて僅か2輪のみ・・・ 軒先…

続きを読む

新家長福寺ボタン(牡丹)* ギョイコウ(御衣黄)桜 *ウコン(鬱金)桜 *(ベニカナメモチ(紅要黐 )

新家長福寺 八重桜と牡丹の花 門前の鮮やかな新芽の紅葉、薄ピンクの八重桜、そして紫の藤の花 ベニカナメモチ(紅要黐 )バラ科 カナメモチ属  新芽の紅葉は、アントシアニン成分で葉が赤くなります。 生垣や街路樹、公園樹として植えられます。 新家 長福寺 山門と太鼓楼 山門掲示板のことば 死に支度  いたせいたせと         桜…

続きを読む

ヤエコデマリ(八重小手毬)*ドイツスズラン(独逸鈴蘭)* ホウチャクソウ(宝鐸草) *

小さな庭にも春真っ盛り 玄関前にお気に入りで大きくし、移植したヤエコデマリ(八重小手毬) ヤエコデマリ(八重小手毬)八重咲小手毬 バラ科シモツケ属 花の時期が長いので楽しめます。 長い間、トケイソウ(パッシフローラ・コンスタンスエリオット)の 咲いてくれた場所だったのですが、あっけなく枯れてしまった後に 挿し木で移植したモッコイウバラ3…

続きを読む

明日香村 国営飛鳥歴史公園 石舞台古墳桜ライトアップ * 初参式(はつまいり)灌仏会(花まつり法座)

福栄寺住職さまから送付くださった世界遺産明日香石舞台古墳 夜桜のライトアップの風景です。   「4月2日19時頃です。試し撮りのつもり、今夜雨が降らなければ再挑戦する予定。 でも阪神勝ってたら野球みたいなとも思う・・・・・・。」 蘇我馬子のお墓ともいわれる幻想的な石舞台古墳  「ライトアップを再挑戦した4月3日7時半頃現地到着入…

続きを読む

世界遺産 仁和寺(旧小室御所)遅咲きの御室桜 * ミツバツツジ(三葉躑躅)

4月2日(金) 花曇り 仁和寺の玄関、正門「二王門」(重要文化財) 仁和寺の二王門は、知恩院の三門、南禅寺の三門・・・京の三大門と呼ばれています。 二王門をくぐると一気に広大な境内が目に入ります。 正面中門(重文)、遠くに衣笠山。 観桜・御殿拝観券(800円)購入。 二王門直ぐ左、御殿拝観へ。 御殿大玄関前、手入れの行き届いた松・松・松 …

続きを読む

京都迎賓館参観

迎賓館西門から係りの方の誘導で地下受付スペースに移動。 セキュリティチェック(空港のような)を受け、入館券購入(2,000円)  荷物預入(25cm以上の手荷物) 注意事項説明、概要紹介、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、  自由拝観は中止され、少人数ガイドツアーで、 私たちは8人グループになりガイドさんが2人の体制で参観となりました。 京都迎賓館は、日本の歴史、文…

続きを読む

京都御苑の桜 近衛邸跡糸桜 * 里桜 * 霞桜 * 山桜 等々

3月26日(金) 昨日の雨から今朝から晴天に恵まれお出かけ日和に。 京都駅から京都御苑中立売御門までタクシー移動。 蕾が膨らんだ 車 還 桜 後水尾天皇がその美しさに御車を引き返させたといわれる サトザクラの一品種 御所御車返 車還桜 とよんでいます。 御苑散策に心地よい風と青空。 満開の ソメイヨシノ 里 桜  …

続きを読む

奈良三名椿の一つ「糊こぼしの椿」 西洋椿ミリンダ *ニワウメ(庭梅)

3月21日(日) 東大寺二月堂修二会(お水取り)の堂内に、練行衆が作った「椿」の造花が飾られます。 原木椿は、東大寺・開山堂の庭に咲く、赤い花に白い斑点が入る 「糊こぼし」と呼ばれるものを模しています。 開山の良弁僧正を祀るため、別名「良弁椿」とも呼ばれ、 白亳寺の「五色椿」、伝香寺の「散り椿」とともに「奈良三銘椿」の一つに数えられています。 そのノリコボシ(糊こぼし…

続きを読む

群三重県津市美杉 ミツマタ(三又) の群生地 * 庭の タンチョウソウ(丹頂草)

福栄寺住職さまから送付くださったミツマタ(三又)、三重県津市美杉の群生地。 三つ叉の花かなり早かったみたいですが、人も無くゆっくり過ごせました。シーズン入ると車では入れないそうなので反って良かったかな? 花は3分咲きぐらいかな、後10日ぐらいで黄色がかなり出てくるのではと思います。群生地は三重県津市美杉 で初めて知りました。60年ほど前に杉林に植え込み育ててきたようです。一面杉木立の中で白…

続きを読む

極小椿「ロゼフローラ」 * 雄蕊の花弁化した真っ赤な椿 * 春を知らせる黄色の庭花

3月10日(水) お隣さんの庭に、今年も極小椿「ロゼフローラ」が咲き始めました。 この優しい薄ピンクの花がリビングから眺めています。  ロゼフローラ  別名  ロシフロラ、カメリア・ロサエフロラ  中国名を 短柄紅山茶 ・ 玖瑰連芯茶   ツバキ科 ツバキ属 中国南東部原産で1800年代にイギリスに渡った中国原産の原種椿とされているそうです。 …

続きを読む

城南宮 平安の庭 * 室町の庭 * 桃山の庭 * 城南離宮の庭

神苑源氏物語 花の庭 「春の山」拝観後、本殿脇の散策道を平安の庭へ。    杉の古木が祀られています。 神楽殿 神楽殿のガラスに写る平安の庭 入口。 神楽殿 紅梅 平安の庭 平安時代の貴族の邸宅、寝殿造りの庭をモデルにした「平安の庭」。 平安の庭から神楽殿 寝殿造りを模した神楽…

続きを読む

馬見丘陵公園 カワズザクラ(河津桜)7部咲き * 満開近い梅林 *雪景色

2月27日(金) 外は肌寒い風が気になったのですが、お誘いを受け、友たちと細やかなランチの後、 馬見丘陵公園の河津桜が見頃かも???と・・・道草してみました。 中央エリアの梅林と南エリア「春まちの丘」の河津桜。 南エリア「春まちの丘」の河津桜が6・7部咲き カワズサクラ(河津桜)バラ科 サクラ属 ソメイヨシノよりも早く咲き始め、ソメイヨシノより濃い…

続きを読む

城南宮神苑 源氏物語 花の庭 「春の山」しだれ梅、落ち椿

2月22日(月) 近鉄竹田駅下車  タクシーで5分。   1200年前、都の守護と国の安泰を願って、 平安遷都の際に京都の南に創建された城南宮。 西鳥居から参道 参道から城南鳥居 手水舎 正面 拝殿 右神楽殿 左むすび殿 紳興舎前枝垂れ梅 拝観券を購入して紳苑へ。 天候に恵まれて梅・椿の見頃に訪れる方が多数。 …

続きを読む

菅原天満宮盆梅展

2月20日(土) 理学療法士さんの都合で連れ合いの訪問リハビリの時間が 朝一からお昼前に変更になり、 昼食を済ますといつもと違って直ぐに昼寝タイムに・・・ 温かい陽射しに恵まれ・・・フリータイムを利用して・・ 思い付きで以前から行ってみたかった菅原天満宮の盆梅展へ。 近鉄尼ヶ辻駅下車 ・・・徒歩 10分 菅原天満宮正面の鳥居 天満宮 手水舎 …

続きを読む

和紅茶 紅々葉(くくは)「城陽」

2月15日(月) ここ2.3日暖かい日が続きます。 友から珍しい京都の和紅茶をいただいた。 聞いてはいたのですが、手に取るのは初めて・・・いただくのも初めて。 京都府城陽市で生産されている 和紅茶 紅々葉(くくは) 最近 発売された 和紅茶 紅々葉(くくは)城陽  早速試飲をさせていただきましょう。 添付していただいた美味しいいれ方通…

続きを読む

干し大根でハリハリ漬け

2月6日(月) ひたすら買い物以外外出することなくステイホームの日々を過ごしています。 浄照寺初法座に続いて2月のご法座「今日の人権問題を考える」が開催されました。 13:30 勤行 らいはいのうた 14:00 ご法話 Δ コロナウイルス感染症と差別問題 「龍田寮事件」(黒髪校事件) 昭和29年に龍田寮児童通学拒否事件が起こりました。(親がハンセン病者で、その子供達が、就学年齢…

続きを読む

晩白柚ピール * オキザリス・パーシーカラー

2月1日(月) 買い物以外、外出することが少なくなりました。 多分私以外の方もそのような日々を過ごせておられることでしょうね。 1月29日(土) 13:00 浄照寺初法座 13:00 勤行 らいはいのうた 13:40 法話 講師 冬野 正隆師      外出は避けているのですが、換気の整った部屋でソーシャルディスタンスを守りながら 短い時間で婆たちのつどいの…

続きを読む

ウインターベル * トウカエデ(唐楓) * モミジバフー(紅葉葉風)

大寒の最中、公園通りから外れた外壁にひっそり咲く クレマチス・アンスンエンシス 別名「ウィンターベル」  キンポウゲ科 クレマチス属 中国南西部標高2000mほどの場所を故郷とする 常緑性の冬咲きクレマチスだそうです。 蔓を2~3m伸ばし、2~3cmほどの花をベルのようにぶら下がって数輪咲かせています。 花びらは4枚で肉厚、花色は白、もしく…

続きを読む

ロウバイ(蝋梅)3種 ワロウバイ(和蝋梅)*ソシンロウバイ(素心蝋梅)*マンゲツロウバイ(満月蝋梅)

1月18日(月) 明後日は大寒、1年中で最も寒い時季。 寒の入りから立春までの30日間のまん中が大寒。 天気予報のお姉さんが「大寒の卵」のお話をされていました。 昔は、冬の寒さが起因で、鶏の産卵数が極端に少なくなったそうです。 また水の摂取量が減り飼料を多く食べたそうです。 そんな環境で産む卵は、一年のうちで最も栄養価が高い卵になりました。 「大寒の卵を食べると、1年を…

続きを読む

石光寺寒牡丹 * シシガシラ(獅子頭)に牡丹雪

Message body 1月10日(日)  今季一番の寒波が到来、中庭の手水鉢がキンキンに凍っています。 火鉢のメダカはどうしているのでしょう・・・・ 福栄寺住職さまから極寒を和らげてくれそうに感じる映像を送付していただきました。 本日1月6日午後2時半頃から参拝。奈良県葛城市 石光寺(中将姫ゆかりの寺) の寒牡丹少し遅れてしまいましたが残り寒牡丹です。 こ…

続きを読む

ロウバイ(蝋梅)* スロープ工事完了 * 湯がき大根作り

1月6日 (水) 遅ればせながら謹んで新年のお慶び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 12月31日に東京都で新たに報告された感染者が1300人を超え、 全国の1日の感染者数が4000人を上回りました。 1月2日には、関東1都3県の首長が、政府に対して緊急事態宣言の発出を要請し、 緊迫した空気を感じます。 そんな中、1月3日息子の家族が訪…

続きを読む

お内仏報恩講 * コロナを身近に感じる時

12月5日(土) ここ何年か「ひまわり」の例会と重なりご縁に遇えなかったお内仏報恩講、 今年3月末で「ひまわり」の退会を機に参拝できました。 お内仏でのお勤めの後、お聴聞の準備が整いる本堂。 座席との空間をが大きく設置されています。 寺院の家族用の仏壇は本堂の仏様と区別する意味もあって 御内仏と呼ばれますが、各家庭の仏壇も御内仏です。 浄照寺お内仏ご…

続きを読む

深田池のフユザクラ(冬桜) * 橿原神宮絵馬

12月6日(日) 勿体ないような日和が続いています。 早めに買い物が終わったので少し道草、深田池のフユザクラを見に。 初詣の準備が整った橿原神宮正面鳥居 初詣参詣者のために準備されたのでしょう。 参道に並べられたガーデンシクラメン​のプランターの列。 通常の手水舎はコロナウイルスの関係でしょう・・・閉鎖されています。 上手く工夫された…

続きを読む

国営飛鳥歴史公園 史跡中尾山古墳発掘現地説明会参加

11月29日(土) 中尾山古墳は国営飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区内に位置し、 世界遺産候補「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」の 構成資産でり、明日香村教育委員会による発掘調査が行われています。  今回の調査では、8世紀初めに築かれた同古墳が3段築成の八角形墳であることや、 周囲を3重の石敷きが巡っていたことまた、被葬者の遺骨を納めた石室には 精巧な造作が施され、内面は磨き上げら…

続きを読む

多武峰淡山神社ライトアップ紅葉 * シコンノボタン(紫紺野牡丹)

福栄寺住職さまから送付くださった多武峰淡山神社、ライトアップの映像。 11月18日夕方からライトアップしていると聞き、ちょっと寄りながら出かけました。 淡山神社は紅葉今真っ盛り、ライトアップの設備も固定したもので、 余り邪魔にも成らず見栄えが良くなりました。  ライトの色もLEDで白熱灯のように赤くならずいい感じでした。ご笑覧下さい。   十三重塔室町時…

続きを読む

フユザクラ(冬桜)* 門信徒のつどい

11月15日(日) 浄照寺境内の銀杏、黄葉が一点の雲もないラピス色の空に映えます。 11月の行事「門信徒のつどい」は、コロナウイルの影響で、 例年のようになお斎は中止になり、午後からの行事に短縮されました。 13:00  音楽礼拝。 13:30 仏事の話  住職 「これだけは押さえておきたい 浄土真宗の作法と荘厳」 14:00  ご法話 釋 徹宗 先生 …

続きを読む

秋の色が深まりました * スプレーギクの開花 * ドウダンツツジの紅葉

11月7日(土) 連れ合いが自宅に戻って1週間が経過。 生活様式の変化にも、徐々に戸惑いが少なくなりました。 放置された庭の赤色スプレーギク が、気付かないうちに開花を迎える季節になっていました。 入院中自宅では、電動ベットに交換、訪問看護、リハビリ等などの手続き・・・ 術前後1週間の絶食と安静、1ヶ月の入院生活は筋肉の老化に拍車がかかることを実感。 …

続きを読む

シロバナホトトギス(白花杜鵑)* ツワブキ(津和蕗) *

10月19日  蕾だった御杖村の山野草園でいただいたシロバナホトトギス(白花杜鵑)が、 日陰のハナミズキの樹の下で開花しています。 シロバナホトトギス (白花杜鵑)ユリ科 ホトトギス属 日当たりのいい場所は、葉焼けして花の数も少なく、 次年度は、日陰の植え替え場所を考えてみましょう。 日陰の葉は小さなバッタの食べ物になりました。 …

続きを読む

待望の一房 ホヤ・カルノーサ (サクララン 桜欄)の開花 * 雨宿りのトンボ

10月10日(土) 以前から 花曜日のろこさんが育てておられる ホヤ(サクララン)拝見した時は、こんなに可愛いくて不思議なお花があるんだ・・・と なんて表現していいのか、とても印象深く残りました。 ・・・・育ててみたいと思うようになって、 近くの花屋さんでは見かけることがないので、ネットで検索。 小さな苗がペットボトルに入れられ、送られて来たのが2018年の9月末のことでした…

続きを読む

山野草  ホトトギス(杜鵑)* シロバナホトトギス(白花杜鵑)

10月6日(火) 最低気温一気に15℃を割り込みました。 少し暖かめな寝具に変更 ・・・ つい10日位前までは、エアコンが必要だったのに・・・ 庭の片隅でシュウメイギク(秋明菊)が咲き誇っています。 暑さで弱っていたヒべり カムゴールドフォーム 根元から刈込ました。 徐々に新芽が復活しつつあることを確認。 ハナミズキの木陰で待機する 山野草の シロバナホトトギ…

続きを読む

コウシュンカズラ * センペルビュームタルフ *

コロナウイルス感染の影響で、病院ボランティア「ひまわり」の活動は4月からお休みです。 自身は3月末で引退したのですが、メンバーとはいつまでも・・・ 地域の方のみで一度おしゃべりに集まろう・・・と。 そんなこんなで、コーヒでも飲みながら近況報告などで。。。。集合。 メンバーの一人が自宅庭で育てているバラを、切り花にして持参してくださった。 その中に珍しいコウシュンカズラ (恒…

続きを読む

秋、用水路の流れに ハギ(萩)と ヒガンバナ(彼岸花)

家の裏通りに用水路が流れています。 農業用の用水路です。 用水路の淵沿って、毎年真っ赤にヒガンバナが風情を添えてくれます。 桜の木の下・・・蕾が多いです。 ヒガンバナ(彼岸花) 曼殊沙華 ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 彼岸花は各地にさまざまな呼び方があり数百~1,000程あるとも言われています。 曼殊沙華は、仏教の用語に由来するそ…

続きを読む

一気に秋の気配 * シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)(リコリス) * シュウメイギク(秋明菊)

9月20日(日) 一気に秋の気配・・・つい最近まで猛暑、真夏日だったのが一気に最低気温20度を割りました。 慌ただしく、寝室の模様替え。 真夏の間、西日対策にカーテンを外して、ブラインドと竹簾で過ごしていたので。 竹簾を外してカーテンに戻しました。 庭にも秋の気配・・・シロバナマンジュシャゲ (リコリス)(白花曼珠沙華)・  ゼフィランサス タマスダレが一気に開花しています。 …

続きを読む

浄照寺銀杏  *  御本尊 遷仏 ・ 入佛法要

9月13日14日(日・月) 浄照寺秋季永代経法要 ご本尊遷仏 ・ 入佛法要の ご案内をいただきました。 この如来を方便法身とは申すなり。方便と申すは、かたちをあらはし、御(み)なをしめして、衆生にしらしめたまふを申すなり。 すなはち阿弥陀仏なり。(一念多念文意) 新しくなった庫裏玄関 350有余年の間、淨照寺の歴史を静かに見守ってきた銀杏の古木。 太い幹はほ…

続きを読む

”赤腹”ちりめんじゃこ(梅じゃこご飯 *ネギじゃこ*お稲荷さん )(生姜ピール)

年間何度か高知から薄塩で天日干しのちりめんじゃこを オンラインショッピングで利用しています。。 今回は期間限定、”赤腹おじゃこ” が手元に届きました。 赤腹の正体は、海老や蟹など甲殻類のプランクトンによるもの。これらが豊富な漁場で育ったしらすは、たっぷり食べて栄養を蓄える内にお腹が赤くなります。この赤腹が味の決め手で、旨み成分の元。通常のちりめんじゃこに比べて甘みと…

続きを読む

伊勢神宮内宮 (正宮と風日祈宮)

8月31日(月)  2ヶ月振りに4婆でお出かけ。 猛暑とコロナの影響で人出は少ないであろう・・・との思い込みで、 涼しい特急で伊勢内宮の森林の木陰を想像して出かけました。 特急は予約なし当日車内で。  8座席を4婆で使用…ほぼ1両を4婆で貸し切り状態。 五十鈴川駅前 で細やかなランチをいただいてタクシーで内宮へ。 想像以上の人出にビックリ! 宇治橋から…

続きを読む

奈良公園  浮見堂 サルスベリ(百日紅)

浮雲園地と春日野園地の間を流れている吉城川は、 東大寺の参道、南大門からすぐの橋の下を流れています。 源は春日山原始林に発し、奈良公園に入ると庭園のような趣きになり、 穏やかに流れは、佐保川へと流れこみます。 この辺りの秋は、見事な紅葉に彩られるのです。 その吉城川の流れが、猛暑続きで水量が少なく 暑さに耐えがたくなった鹿たちには、古木紅葉の日陰が、 心…

続きを読む

サルスベリ(百日紅)(奈良公園 浮雲園地・春日野国際フォーラム 甍 I・RA・KA・) 東大寺

8月26日(水)  猛暑日からなかなか解放されません。 昨日も夕暮れ、たった1度きりの雷。  空の様子を窺いながら…夕立を待ち望んだのですが・・・ お隣の町に警報が・・・すこし分けて・・・仕方無しに植木に水を。        奈良市内には春夏秋冬色んなお花の見どころがあります。 夏の百日紅はあまり知られていませんが、見頃なんです。 奈良県新公会堂 ・・…

続きを読む

パソコンのリカバリー * ルリマツリ(瑠璃茉莉) * ルリヤナギ(瑠璃柳)* ダンコギク(団子菊)

36℃越えの猛暑日が続いています。 お盆休み最終日、息子の家族が訪ねてきましたが・・・ 訪ねてくる前に、大阪の中心部への通勤なので、訪問の良し悪しを問うてきました。 気にしていないことを返すと、「ではほんの少し!」 お仏壇にお供え物をして礼拝・・・(有難う) お互い、近状の報告を聞いて30分足らず、帰りました。 コロナの影響は、小さな小さな楽しみさえ打ち壊しているよう・・・ 1…

続きを読む

庫裏お内仏(住立空中尊)入佛法要 * 盂蘭盆会法要

2020年8月10日・11日 コロナの影響でお休みになっていた、お寺の行事が6か月ぶりに開催されました。 2028年から始まった「浄照寺伽藍整備事業」庫裏の改修工事が、7月末で完了しました。 庫裏お内佛 入仏法要準備 法要のため、お内仏に照明が点灯されました。 コロナ対策などで役員のみの法要参加 お勤めは 「十二禮」 献花 * 献…

続きを読む

お盆墓会 *トウモロコシご飯 * ジュズサンゴ(数珠珊瑚)* キンミズヒキ(金水引)* タイワンホトトギス(台湾杜鵑)

実家の墓会にお参り 朝、8:00妹の車に同乗させてもらって、奈良の実家へ。 涼しい時間帯にお参りを済ましましょう・・・との約束事。 容赦なしに照り付ける陽射しの中、布袍輪袈裟の僧侶はまさしく ” 行” 。 早めの昼食、ソーシャルディスタンスを保ちつつ 和気藹々、近状報告等など。 甥の子供たちもいつの間にか・・・大学生と高校生に。 一年会わない間にすっ…

続きを読む

大きな「タイタンビカス」

ススキの丘から下ってくると目についたのが、大輪の花。 フヨウノ花に似ていますが ・・・ そうでした タイタンビカス タイタンビカス アオイ科 フヨウ属 アメリカフヨウとモミジアオイの交配、生育旺盛で強健な宿根草。 赤塚植物園が開発した草丈が約2m位。  圧倒的な存在感と強さ、ハイビスカスのような花姿から「巨神タイタン」から、 タイタンビカス と名づけられたそうです…

続きを読む

ヒマワリ “クラレット”  “プロカットレッド”  * 今日梅雨明け

やまと花ごよみ2020 第6回 馬見ひまわりウィークが開催されています。 馬見丘陵緑道エリア、一面に植えられている   ヒマワリ プロカットレット池辺駅前、古墳 馬見二ノ谷遺跡のヒマワリ プロカットレット まだ蕾は固く閉じています。 一斉に咲くと見事でしょうね 花の笑み橋を渡ると一面に開花する  マワリ サンヒフィニティ 鮮やかな緑の中、夏の…

続きを読む

ふわふわ宇治金時 風鈴まつり(お房観音茶房)

月2回、自宅で3時間、4婆で過ごす細やかなサロン?? 過去の振り返り話か?終の住処等などの、愚痴のごみ箱。 話題になったのが、かき氷の話、 近江八幡で何度か訪れた「たねやの宇治金時」が美味しかった話。 美味しかったのです・・・・ 梅雨の晴れ間・・・美味しいかき氷が食べたいと・・・囁きます。 近江八幡までは行けませんので、隣接する市まで・・・ ふわふわのかき氷いた…

続きを読む

明日香の夕焼け * 胡瓜のきゅうちゃんもどき * オモト古葉の身包み剥がし * サワキキョウ 宿根ロベリア

福栄寺住職さまから送付くださった明日香村 雷(いかづち)からの夕焼け。 明日香「雷」万葉集に柿本人麻呂が、 おおきみは神にしませば 天雲の雷の上に 廬らせるかも                     (巻3、235)と詠んだ場所なんですね。 大海人皇子が壬申の乱で、兄 天智天皇の子、大友皇子に兵を挙げて勝利し、即位して天武天皇となり、現人神として強力な権力を持ったため、「おおき…

続きを読む

藤原宮跡 蓮池の蓮華

梅雨最中、束の間の朝の止み間に、藤原宮跡の蓮華を見に。 コミュニティバスで、橿原市藤原京資料室前で下車したのは2組3人。 特別史跡 藤原宮跡 案内版 藤原京は、今から約1300年前に中国の都城を参考して造営された 日本で初めての本格的な都です。 藤原京の大きさは、南北約4.8km、東西約5.2kmと非常に広く、 京域のほぼ中央には、政治の中枢機…

続きを読む

西大寺の蓮の花 * 菩提樹の果実

蓮の花が咲き誇る時期に、西大寺・喜光寺・唐招提寺・薬師寺の四ヶ寺で開催されている、 「奈良・西ノ京ロータスロード〜蓮と歴史を楽しむ旅〜」は、 新型コロナウイルスの感染拡大の情勢を踏まえ、今年の開催は中止されました。 西大寺  真言律宗総本山 蓮の花の開花状況にを知って、束の間の雨上がりに拝観。 100鉢の蓮が本堂前の東塔跡の周囲に荘厳し、感慨一入…

続きを読む

覚え書きとして。

お願いしていたパソコンのデーター移行と設定にNECから来てくださった。 昔々、知人の若い僧侶が使っておられた、大型ブラウン管テレビのような ソニーのパソコンそれが最初の出遇い。 新発売されたノートパソコンのを購入されたので、 「やろいさん、古いパソコンだけど練習しませんか?」 そんな声掛けをいただいたご縁で、自宅に運んでくださった。 ワープロからデーターを移行、 最初の…

続きを読む

明日香の日の出

福栄寺住職さまから送付くださった写真。 明日香村と橿原市の境に位置する和田池からの日の出。 近くに、国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区 …  甘樫の丘からは池の全容が眺めることが出来るでしょう。        赤い太陽映り込みに凝りだしたのかな? 今度は朝日に挑戦! 場所は橿原市和田町 和田池。前からお気に入りの場所です。初冬の景色は素晴らしい物があります。夕方は建…

続きを読む

明日香村夕焼け * 他愛のないひとりごと「吾唯足知」 * 新生姜甘酢漬け

今使っているパソコン、6年前NECダイレクトで、相談に乗っていただき乍ら 一つ一つ選択して自分用に組み立てていただいたものです。 近頃、サクサク感が思い通りにならなく感じています。 何が原因なのか分からないまま、買い替えの方向に。 ・・・と言うのも、ステイホームの期間中、今まで何故だか決断できなかった小物、 の断捨離に手を付けました。 長年箪笥の隅で放置されていた記念メタルや義父が買…

続きを読む

ハグロトンボ * 静かな静かな奈良公園 * 吉野の蛍

雨が降り続く日々、ここ3日間、小さな庭の中で過ごすハグロトンボ。 朝、昼、夕方と同じ庭の ハナミズキの樹の下、 紫陽花アナベル、シュメイギク、ヒオウギ スイセンの葉を 行き来しながら雨宿りをしているのかなあ・・・ 体長60ミリ程度・・・黒色の翅。 近寄っても素早く飛翔したりホバリングしたりせず チョウのようにひらひらと舞うように羽ばたく。 朝…

続きを読む

宿根コスモス(ブラキカム)* ハナザクロ(花柘榴)* コボウズオトギリ(小坊主弟切)* ホウ酸ダンゴ

馬見丘陵公園、花菖蒲と紫陽花園の帰り道 満開の  ルドベキア  キク科 フェンネル の花  別名 ウイキョウ(茴香)・ クレノオモ(呉の母、懐香) セリ科 フォエニクルム(ウイキョウ)属 柔らかくふんわり広がった黄緑色の葉の間から高く伸びた太い茎先に、 黄色い小花が集まって傘のように咲いています。 独特な臭いで季節を知ることのできる栗の花 …

続きを読む

馬見丘陵公園 菖蒲園 * あじさいの小径 * ネジキ(捩木)* 入梅

6月6日(土) 早朝から曇天、気温は28℃ ・・・ 4婆と馬見丘陵公園へのウォーキング。 見頃の花菖蒲と紫陽花の小径散策へ。 緑道北口を入ると直ぐ、緑の樹に星が降るように咲く白いヤマボウシ 白い花のヤマボウシの樹と隣合わせに薄ピンクい色に咲くヤマボウシも。  ヤマボウシ ( ヤマグワ ・ コウサ ・ ヤマボウ)  ミズキ科 ミズキ属    秋にはイボイボ…

続きを読む

紫陽花 ブラックダイヤモンド * ハンゲショウ(半夏生) * ゲンジボタル

毎年友からいただく珍しい紫陽花。 今年は ブラックダイヤモンド ダークエンジェルパープル そんな品種の紫陽花をいただいた。 横文字ばかりのプランツタグ・・・ 意味不明   どのような紫陽花なのでしょう・・・ ダークエンジェルパープルは 紫色の花色が特徴だそうです。 なるほど納得。 花弁の中心は白く抜け、花弁の外側からゆるいグラデーションとなっ…

続きを読む

ヒメボタル(姫蛍)* ルリヤナギ(瑠璃柳)

6月1日(月) 新型コロナウイルス感染症のことばを耳にするようになって4ヶ月。 あなたと、あなたの大切な家族・友人、そして社会を守るため、家ですごそう。 ステイホーム。 3密を避けよう。 そんな思いでひたすら息を潜めるように ・・・ いつの間にか季節は初夏に。 福栄寺住職さまより有縁の皆さまにヒメボタル(姫蛍)の写真を送付くださいました。 …

続きを読む

サラサウツギ(更紗空木)*キョウカノコ(京鹿子)* クサハナビ(草花火)初打ち上げ

5月27日(水) 久し振りに少し離れたスーパーへチャリで買い物に ・・・  解除されたからというわけではありません ・・・お魚の種類がとても豊富でお安いのです。 チャリを止めて立ち止まってしまいました。 お気に入りで大好きな サララウツギ に出遇いました。   サラサウツギ  アジサイ科 ウツギ属 つぼみの外側が紅紫色の八重咲きです。 …

続きを読む

ソヨゴ(冬青)* バイカウツギ ベルエトワール * ヒぺリカム ゴールドフォーム * カッコウセンノウ(郭公仙翁)

5月21日(木)  新型コロナウイルスの影響で、かって体験したことが無い 春から初夏への季節の移動を迎えています。 植物は関係なく季節を信じて花をさかせてくれます。 玄関近くのソヨゴの花が咲き始めました。 ソヨゴ(戦、冬青、具柄冬青 ) 別名 フクラシバ モチノキ科 モチノキ属  葉が風にそよぎ「ソヨソヨ」と音をたてることから …だそうです。 …

続きを読む

うすいえんどう 狩り

5月14日(水) 今年も4婆のメンバーYさんの連れ合いさんが育てられた、エンドウ豆を 何度もをいただいて、卵とじや、えんどうご飯などでお相伴しました。 うすいえんどう 狩り ・・・なんてタイトルに記したのですが・・・ いよいよ最終の収穫をむかえたので、枝に付いているえんどうを、 思う存分好きなだけ・・・毟り取ってください・・・との、お誘いをいただきました。 気温29℃の真…

続きを読む

シロハナホタルブクロ(白花蛍袋)* モモイロアケボノフウロ(桃色曙ふうろ)が咲き始めました。

外出するのは、昼過ぎスーパーの空いている時間帯に買い物に行くのが日課になっています。 夕暮れ、庭木に水を遣る時、お隣さんに顔を会わせて挨拶程度、・・・ 何時もの立ち話は、お互い自然に控えるようになっています。 中庭の片隅で シロハナホタルブクロ(白花蛍袋)が咲き始めました。 昨年の咲き終わりに、繁殖した過ぎた株を少し省きました。 シロハナホタルブクロ…

続きを読む

セイヨウミザクラ(西洋実桜) その後の サクランボ * バビアナ

新型コロナウイルス拡大を止め、 感染者・重症者・死亡者を一人でも減らすこと・・・ ステイ ホーム と いうことばが、馴染んできた昨今、 日々、外出は日常の買い物のみ。 一気に夏日になり、寝具、肌着にいたるまでの入れ替えに追われる始末。 気温は26.5℃、小さな庭の庭にも初夏??が早々やってきました。 バビアナ 別名 ホザキアヤメ(星咲き菖蒲)アヤメ科  …

続きを読む

エビネラン(海老根欄)ドイツスズラン(独逸鈴蘭)*ホウチャクソウ(宝鐸草)*小さな庭の春

小さな庭に春の陽がいっぱい。 半日陰の中庭にも エビネラン(海老根欄)ラン科 エビネ属が咲き始めました。 昨年咲き終わって、少し株を間引きました。 この種類の花が一番強く長持ちします。 新種のお花はどうしても育ちが悪いのです ・・・いえいえ、育て方に問題かも。 このお花もお気に入りです。 水あがりも好く仏華に重宝させていただきます。…

続きを読む

小さな庭の春 ヤエザキコデマリ*ツリガネスイセン*ドウダンツツジ ** ギフチョウ

小さな庭にも春が・・・ 6年前、買い物帰りお気に入りで連れ帰った、八重咲コデマリ。 鉢から庭に移植して1年、随分大きくなりました。 八重咲き コデマリ バラ科 シモツケ属  雨滴の重みで頭を垂らしています。 ジッと、見詰めていると、子どもの頃味噌部屋でみた発酵した米麹のようにみえました。 お気に入りの花です。 成長が早くて、鬱陶しくなるのが困…

続きを読む

馬見丘陵公園チューリップ満開、 つづれ織やシルク絨毯のような花畑。

満開のチュリップ園を、ちょっと遠慮気味に友と散策。 この広い公園に植えてお世話してくださったお方への感謝も十分に。 ミツバツツジ(三つ葉躑躅)も満開のようです。 紅葉並木の下に植えられた見事なチュリップの絨毯。 イロハモミジの並木は秋には紅葉が楽しめます。 笑み橋から眺めた大型テントの向こうに、二上山 . 桜、チュリ…

続きを読む